ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点 > 人材育成研修のご案内 > 平成24年度メディカルインフォマティシャン育成研修


平成24年度メディカルインフォマティシャン育成研修

(平成24年度の受講お申込み受付は終了しました。以下の内容は平成24年度の受講者募集当時のものです。翌年度も開講予定ですが、改善のため一部変更になる可能性があります。)

近年、医療現場においても情報化が進み、カルテの電子化や放射線診断画像のデジタル化などが行われています。また、情報技術が診断の支援や新しい医療技術の開発に応用されるようになりました。今後も高度な医療情報システムや情報技術を活用した新しい医療支援の登場が予想され、新しい医療情報技術を医療現場から提案できる人材や医療現場のニーズを抽出し情報システムを開発する人材が必要となっています。

本人材育成事業では、医療現場における情報システムの活用、情報技術を応用した診断支援などを習得できるコースを用意しています。臨床医歯学の系統講義に加え、実際の医療現場で活躍されている方を講師として迎え、医療現場に即した情報技術の活用を学んでいただきます。研修を通して、医学と情報工学の知識を有し、医療現場における情報技術の活用や新しい医療支援技術・機器を提案することができる人材を養成します。また、医療に従事している方に対しても、現場における最新の情報技術の活用を紹介し、医療における様々な情報システムを理解し新しい医療情報システム・機器を提案できる人材を養成します。

 

平成24年度開催要領
研修期間

平成24年10月1日(月)~平成25年2月(予定)

研修会場

広島大学霞キャンパス 広島市南区霞1-2-3
(研修内容ごとに同キャンパス内で会場が異なります。教室の場所などの詳細は別途受講者にご案内します。)

交通アクセス(別ウインドウで開きます)

 

受講対象

受講条件は特にありませんが、申し込み多数の場合は、医療分野に興味のある情報技術者および情報技術に興味のある医療系従事者で受講に熱意がある方を優先して受講者の選考を行います。

定員

5名

受講料

無料(ただし、講義資料などで若干の自己負担をお願いする可能性があります。)

 

お申込
お申込方法

受講申込書に必要事項をご記入の上、kanbe■hiroshima-u.ac.jp(担当:神邊、■は@に換えてください)まで電子メールにてお申込みください。電子メールでのお申し込みが難しい場合は郵送でも結構ですが、お申込期限までに必着するようお願いいたします。
なお申込多数の場合は、募集の早期終了・受講者選考を行うことがあります。ご了承ください。

 

お申込期限

平成24年8月20日(月)

 

研修内容
臨床医歯学総論 [講義]

代表的疾患の病態生理とその診断・治療について学び、臨床医学・歯学の基礎的知識を修得します。各分野の先生によるオムニバス講義です。

1) 臨床医学総論-神経疾患・老年疾患を中心に
2) 消化器癌の内科的治療
3) 不眠症の診断と治療
4) 関節リウマチの病態とその治療
5) 臓器移植の現状と展望
6) 周産期医療の現状と妊娠高血圧症群の病態
7) 小児がんの診断と治療
8) 呼吸器疾患の発症と制御
9) 循環器疾患-病態の解明と治療の展開
10) 再生医療とCAS冷凍 -歯科再生医療の現状と展開-

  • 本科目は広島大学大学院医歯薬保健学研究科開講の講義の一部です。他の受講生とともに受講していただきます。
  • 10月1日(月)より、原則毎週月曜日19:40~21:10に開講します。
  • 開講日が変更になる場合があります。変更がある場合は別途お知らせします。
  • 開講される教室での受講を原則としますが、やむを得ず出席が困難な場合は、講義ビデオを貸し出し、それに対しレポートの提出を求めます。

 

医療現場における情報技術 [講義]

広島大学病院の各部門で活躍しているスタッフを講師として招き、医療現場における情報システムの運用やその活用について理解します。

1) 病院内の医療情報ネットワークについて
2) 病院内における放射線情報システム
3) 看護実践と看護情報
4) 臨床検査情報システム(LIS)
5) 診断支援のための画像工学

現場実習

広島大学病院の病院情報システムグループ、放射線部、看護部、検査部を訪問し、医療現場における情報技術の運用・活用について見学します。

情報医工学研究設備を用いた実習

ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点に配備されている設備を見学し、さらに設備を用いた情報技術開発の一部を体験します。

1) 診断支援のための画像情報処理
2) 力覚提示デバイスを用いたリハビリテーション支援環境の構築

  • 「医療現場における情報技術」、「現場実習」、「情報医工学研究設備を用いた実習」は、平成25年1月または2月の5日間程度で集中的に開講予定です。詳細な研修日程が決まりましたら別途ご案内します。
  • 研修内容は改善のため一部変更することがあります。

 

 

事務局・お問い合わせ先

広島大学 産学・地域連携センター 医工連携拠点推進部門
担当:神邊 篤史
E-mail:kanbe■hiroshima-u.ac.jp(■は@に換えてください)

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3 広島大学内
ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点
TEL&FAX:082-257-1629
(できるだけ電子メールでご連絡いただければ幸いです)