広島大学病院 > 消化器・代謝内科 > 消化器・代謝内科スタッフ


消化器・代謝内科スタッフ

 
 
  ・平成27年4月更新

茶山一彰 役 職 消化器・代謝内科診療科長、教授
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん
資 格 日本肝臓学会指導医、日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本内科学会指導医
茶山一彰CHAYAMA,Kazuaki 論  文
出版物
慢性肝炎治療薬の選び方と使い方 南江堂2005
田中信治 役 職 病院長補佐、内視鏡診療科教授・科長
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、消化管がんの内視鏡診断と治療、炎症性腸疾患、小腸疾患
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医・指導医、日本内科学会認定施設指導医
田中信治
TANAKA, Shinji
論  文
出版物
「消化管内視鏡治療のコツとポイント(日本メディカルセンター)」、「消化管内視鏡診断テキスト2(文光堂)」、など、編集/著書21冊,ほか発表論文多数
役 職 准教授
専門分野
治療実績
胃腸科、消化器内視鏡、消化管の悪性腫瘍(がん、悪性リンパ腫)、ヘリコバクターピロリ関連疾患(慢性胃炎、潰瘍)など
資 格 日本内科学会指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医
北台靖彦
KITADAI, Yasuhiko
論  文
出版物
消化器がん化学療法2008(日本メディカルセンター)、内視鏡所見のよみ方と鑑別診断(医学書院)
伊藤公訓 役 職 診療准教授
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、酸関連疾患、ヘリコバクターピロリ関連疾患
資 格 日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
伊藤公訓
ITO, Masanori
論  文
出版物
朝日新聞、中国新聞でヘリコバクターピロリ除菌治療、逆流性食道炎について解説
上野 役 職 診療講師
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、炎症性腸疾患
資 格 日本内科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
上野義隆
UENO, Yoshitaka
論  文
出版物
 
日山 亨 役 職 准教授
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、機能性胃腸障害(胃食道逆流症、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群など)
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医
日山 亨
HIYAMA, Toru
論  文
出版物
「非びらん性胃食道逆流症(NERD)に対する薬物治療アルゴリズム」診断と治療 2008 第3号 585-589
相方 浩
役 職 講師
専門分野
治療実績
肝がん、ウイルス性肝炎、肝硬変、食道胃静脈瘤
資 格

日本肝臓学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医

相方 浩
AIKATA, Hiroshi
論  文
出版物
川上由育
役 職 講師
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん
資 格 日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内科学会専門医
川上由育
KAWAKAMI, Yoshiiku
論  文
出版物
Dose comparison study of pegylated interferon-alpha-2b plus ribavirin in naïve Japanese patients with hepatitis C virus genotype 2: A randomized clinical trial.J Gastroenterol Hepatol. 2008 Nov 19.
役 職 診療講師
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、消化管がんの内視鏡診断と治療、小腸疾患
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医・指導医
岡 志郎
OKA, Shiro
論  文
出版物
 見逃しのない大腸内視鏡の挿入・観察法(日本メディカルセンター2012)、他
今村道雄 役 職 診療講師
専門分野
治療実績
消化器内科(肝臓)、ウイルス性肝炎、肝硬変、肝臓がん、食道胃静脈瘤などの治療
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
今村道雄
IMAMURA, Michio
論  文
出版物
C型肝炎の抗ウイルス療法 ガイドラインの解説.医薬ジャーナル社2012
柘植雅貴 役 職 助教
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がんの治療
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓病学会専門医
柘植雅貴
TSUGE, Masataka
論  文
出版物
Hepatology Practice 第1巻 B型肝炎の診療を極める. 文光堂. 2013
平松 憲 役 職 助教
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん
資 格 日本肝臓学会肝臓専門医
平松 憲
HIRAMATSU, Akira
論  文
出版物
Etiology and outcome of acute liver failure: retrospective analysis of 50 patients treated at a single center.
J Gastroenterol Hepatol. 2008 Aug;23(8 Pt 1):1216-22.
芹川正浩 役 職 助教
専門分野
治療実績
膵臓・胆道疾患の内視鏡診断・治療学. 膵嚢胞性疾患の診断と治療.
資 格 日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
芹川正浩
SERIKAWA, Masahiro
論  文
出版物
Management of Intraductal Papillary -mucinous Neoplasm of the Pancreas. J Clin Gastroenterol. 2006
役 職 特任助教
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝がん
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内科学会専門医
平賀伸彦HIRAGA, Nobuhiko 論  文
出版物
 
役 職 助教
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
河岡友和
KAWAOKA, Tomokazu
論  文
出版物
Predictive value of the IL28B polymorphism on the effect of interferon therapy in chronic hepatitis C patients with genotypes 2a and 2b.  J Hepatol. 54, 3, 408-14, 2010.
  役 職 助教
専門分野
治療実績
消化器内科 (消化管)、消化管がんの内視鏡診断と治療
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医 
佐野村 洋次
SANOMURA, Yoji 
論  文
出 版 物
・Predicting the absence of lymph node metastasis of submucosal invasive gastric cancer: Expansion of the criteria for curative endoscopic resection. Scandinavian Journal of Gastroenterology, 45: 1480-1487, 2010.
・Clinical validity of endoscopic submucosal dissection for submucosal invasive gastric cancer: a single-center study. Gastric Cancer, 15: 97-105, 2012.
役 職 助教
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝がん
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本がん治療学会認定医

長沖祐子
NAGAOKI, Yuko

論  文
出 版 物
・Clinical features and prognosis in patients with hepatocellular carcinoma that developed after hepatitis C virus eradication with interferon therapy. 46: 799-808, 2011.
・Risk factors for the exacerbation of esophageal varices or portosystemic encephalopathy after sustained virological response with IFN therapy for HCV-related compensated cirrhosis. 48: 847-855, 2013.

 
役 職

助教

専門分野
治療実績
膵臓・胆道疾患の内視鏡診断・治療学
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
石井康隆
ISHII, Yasutaka
論  文
出 版 物
Elevated Expression of Cyclooxygenase-2 and Microsomal Prostaglandin E Synthase-1 in Primary Sclerosing Cholangitis: implications for cholangiocarcinogenesis. Int J Oncol 2013; 43: 1073-1079.
役 職 医科診療医
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、消化管の悪性腫瘍、ヘリコバクターピロリ関連疾患
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
松尾泰治
MATSUO, Taiji
論  文
出 版 物
Low prevalence of Helicobacter pylori-negative gastric cancer among Japanese. Helicobacter. 2011 Dec;16(6):415-9
役 職 医科診療医
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、炎症性腸疾患
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
林 亮平
HAYASHI, Ryohei
論  文
出版物
 
役 職 医科診療医
専門分野
治療実績
消化器内科(消化管)、炎症性腸疾患
資 格 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
保田智之
BODA, Tomoyuki
論  文
出版物
Advanced method for evaluation of gastric cancer risk by serum markers: determination of
true low-risk subjects for gastric neoplasm. Helicobacter, 19(1): 1-8, 2014.
役 職 医科診療医
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝がん、非アルコール性脂肪性肝疾患
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
中原隆志
NAKAHARA, Takashi
論  文
出版物
Efficacy of rosuvastatin for the treatment of non-alcoholic steatohepatitis with dyslipidemia: An open-label, pilot study. Hepatology Research 42: 1065-1072, 2012.
Type 2 diabetes mellitus is associated with the fibrosis severity in patients with nonalcoholic fatty liver disease in a large retrospective cohort of Japanese patients. J Gastroenterol. 49: 1477-84. 2014
役 職 医科診療医
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝がん
資 格 日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
大野敦司
ONO, Atsushi
論  文
出 版 物
Long-term continuous entecavir therapy in nucleos(t)ide-naïve chronic hepatitis B patients. J Hepatol. 2012 Sep;57(3):508-14.
役 職 クリニカルスタッフ
専門分野
治療実績
胆道・膵臓疾患の内視鏡診断・治療
資 格 日本内科学会認定医 日本消化器病学界専門医
毛利輝生
MOURI, Teruo
論  文
出 版 物
 
役 職 非常勤医師
専門分野
治療実績
ウイルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん
資 格  
木村友希
KIMURA, Yuki
論  文
出 版 物