国際センター > お知らせ - 記事詳細

お知らせ - 記事詳細

被爆した元南方特別留学生に対して広島大学名誉博士号を授与しました(マレーシア)

元南方特別留学生アブドゥル・ラザク氏への広島大学名誉博士号授与式を平成25年2月25日、マレーシア・クアラルンプール市内のホテルにて実施しました。

ラザク氏は、1944年に当時の国費留学生制度であった南方特別留学生として来日し、1945年4月に広島大学の前身の広島文理科大学に進学しました。しかしながら、同年8月6日に広島市内で被爆され九死に一生を得ましたが、勉学半ばにして帰国せざるを得ませんでした。

帰国後、マレーシアにおける日本語教育の発展に大きく貢献されるとともに、日本とマレーシアの友好関係の強化にも努めてこられました。また、自らの広島での体験を多くの人々に伝え、平和活動の推進にも貢献されました。これらの功績に対して、このたび、本学より名誉博士号を授与することとなりました。

授与式には、ラザク氏の親族、関係者、本学修了生をはじめとして約30人が出席しました。岡本哲治 広島大学理事・副学長からラザク氏に対して名誉博士記が授与された後、祝辞が述べられました。その後のラザク氏からの挨拶では、日本留学中は勉学だけでなく、日本人の辛抱強さや困難を克服する精神を学んだこと、そしてそのことは帰国後のラザク氏の生き方に大きな影響を及ぼし、今でも自分の体に残っていると述べられました。

続いて、来賓として出席いただいた在マレーシア日本大使館の松浦博司公使からの祝辞では、マレーシアの東方政策においてラザク氏がマラ工科大学における産業技術研修生の日本語予備教育の責任者を務められ、多くの研修生を日本に送り出したこと、さらに両国の友好関係の強化に努められたことに対する謝意が伝えられました。

最後に、親族を代表してラザク氏の長男でアルブハリ国際大学のズルキフリ・アブドゥル・ラザク副学長から、広島大学が父のことを忘れずに今回の名誉博士号の授与に至ったことに対して謝意が表明されました。

広島大学では、広島文理科大学在学中に被爆した元南方特別留学生3名に対して名誉博士号を授与することを決定しており、今回のラザク氏に続いてインドネシアのハッサン・ラハヤ氏(元インドネシア国会議員)とブルネイのペンギラン・ユソフ氏(元ブルネイ首相)への授与式も現地で行う予定です。


岡本理事・副学長からアブドゥル・ラザク氏への
名誉博士号の授与

ラザク氏の長男のアルブハリ国際大学ズルキフリ副学長
からの挨拶(前マレーシア科学大学副学長)

名誉博士記を披露するラザク氏(右から松浦公使、イタリア・
トレント大学Carla Locatelli副学長、ズルキフリ副学長)

参加者との記念写真

【問い合わせ先】
広島大学教育・国際室(国際センター)
国際交流グループ(企画担当)  
TEL: 082-424-6042
E-mail: kokusai-kikaku"at"office.hiroshima-u.ac.jp 
("at"を@(半角)に変換して送信して下さい。)

ページのトップへ