大学院理学研究科・理学部 > お知らせ - 記事詳細

お知らせ - 記事詳細

[研究成果]HED隕石から高圧鉱物を発見

  広島大学大学院理学研究科の宮原正明准教授、東北大学大学院理学研究科の大谷栄治教授、同研究科の小澤信助教、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所の山口亮助教らを中心とした研究チームは、小惑星ベスタ由来と考えられているHED隕石から、シリカ(SiO2)の高圧相、コーサイトとスティショバイトを世界で初めて発見しました。NASAの探査機ドーンによる探査でベスタには多数のクレーターが存在することが明らかになっています。これはベスタが激しい天体衝突を経験したことを示唆するものですが、天体衝突時に発生する超高圧力・高温に伴って生成するはずの高圧相がHED隕石からはこれまで発見されていませんでした。しかし、研究チームは電子顕微鏡や集束イオンビーム加工装置といったナノ分析技術を駆使し、HED隕石からシリカの高圧相を見出すことに成功しました。

  これまでの研究によれば、約10億年前に起きた天体衝突でベスタに巨大なクレーターが形成され、その際に弾き飛ばされたベスタ表層物質が地球にHED隕石として飛来したと推測されていました。しかし、シリカの高圧相と放射年代を考慮すると、HED隕石に記録された天体衝突は約41億年前であり、ベスタの巨大クレーターの形成時期とは一致せず、HED隕石の起源と地球への飛来プロセスを再考する必要があることも分かりました。

  この研究成果は、米国科学アカデミーが発行する“米国科学アカデミー紀要”の電子版に掲載されました。

【論文】
 ・論文題目
  Discovery of coesite and stishovite in eucrite

 ・著者
  Masaaki Miyahara1, Eiji Ohtani, Akira Yamaguchi, Shin Ozawa, Takeshi Sakai and Naohisa Hirao
  1First author(筆頭著者)、Corresponding author(責任著者)

 ・掲載雑誌
  Proceedings of the National Academy of Sciences U.S.A.(米国科学アカデミー紀要)
  doi/10.1073/pnas.1404247111

【本件に関するお問い合わせ先】
広島大学大学院理学研究科 准教授 宮原 正明
TEL:082-424-7461
E-mail:miyahara*hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えて下さい)

ページのトップへ