トップページ > お知らせ - 記事詳細

お知らせ - 記事詳細

[研究成果]早老症ウェルナー症候群の細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功、 新規治療法の開発と老化の機序解明に道!


広島大学大学院医歯薬保健学研究院 嶋本顕准教授と田原栄俊教授のグループは、千葉大学大学院医学研究院・医学部附属病院の横手幸太郎教授のグループと東京女子医科大学東医療センターの後藤眞客員教授、がん研究会がん化学療法センター、鳥取大学、慶應義塾大学等との共同研究により、ヒト遺伝病であり早く老化が進む病気ウェルナー症候群(※1)の患者さんの細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)(※2)を樹立することに成功しました。この研究成果によって患者さんのiPS細胞から患部の細胞を作り出すことが可能となるため、治療薬のスクリーニングや移植治療への利用、さらに老化の機序の解明が期待されます。
本研究成果は、11月12日(水)(米国東部標準時)付けで、米国Public Library of Scienceの科学雑誌『PLOS ONE』にオンラインで掲載されました。

URL: http://www.plosone.org
論文名: "Reprogramming Suppresses Premature Senescence Phenotypes of Werner Syndrome Cells and maintains chromosomal stability over Long-Term Culture"
著 者: A. Shimamoto, H. Kagawa, K. Zensho, Y. Sera, Y.Kazuki, M. Osaki, M Oshimura, Y. Ishigaki, K. Hamasaki, Y. Kodama, S. Yuasa,
K. Fukuda, K. Hirashima, H. Seimiya, H. Koyama, T. Shimizu, M. Takemoto, K. Yokote, M. Goto, and H. Tahara

※1 ウェルナー症候群
ウェルナー症候群は常染色体劣性遺伝病で、思春期以降、皮膚や髪の毛に実年齢に比べて「老化が加速した」ように見える諸症状を
呈することから“早老症”と呼ばれています。そして、加齢とともに見られる生活習慣病の糖尿病、動脈硬化や骨粗鬆症を合併し、
患者の寿命を短くする要因となっています。
これまでに全世界で報告された患者のおよそ8割が日本人で、我が国において発症頻度が高い疾患で、患者はWRN遺伝子に突然
変異をもち、日本人の100 人に1人が保因者と報告されています。患者細胞の分裂寿命は健常者の半分ほどで、WRN遺伝子から
作られるWRNヘリカーゼタンパク質の異常が、細胞の分裂寿命をカウントするテロメアの機能不全を引き起こし、老化を加速させると
考えられています。

※2 人工多能性幹細胞(iPS細胞)
人工多能性幹細胞(iPS細胞)は、様々な種類の細胞を生み出す未分化な細胞で、皮膚や血液の細胞に多能性遺伝子を導入すること
により作り出すことができます。その内、Oct3/4, Sox2、Klf4、そしてc-mycは山中4因子と呼ばれ、京都大学の山中教授らによって発見、
開発されたこの技術によって、さまざまな疾患のiPS細胞を作ることが可能となり、疾患の治療薬の開発や再生医療への応用が期待
されています。

【お問い合わせ先】
広島大学大学院医歯薬保健学研究院細胞分子生物学研究室 
准教授 嶋本 顕(しまもと あきら)
TEL: 082-257-5292 FAX: 082-257-5294
E-mail: shim*hiroshima-u.ac.jp(*を@に変えてください)

ページのトップへ