トップページ > 行事 - 記事詳細

行  事

第10回国際教育協力日本フォーラム

広島大学は、文部科学省・外務省・筑波大学と共に、下記の通り「第10回国際教育協力日本フォーラム-自立的教育開発に向けた国際協力-」を開催します。

10回となる本フォーラムでは、日本の教育援助の重点分野でもある基礎教育に再度注目し、「良質な基礎教育拡充に向けて-教員をめぐる課題-」をテーマとします。教育開発の第一線で活躍する国際機関の実務者、教育学の専門家の方々をお迎えし、良質な基礎教育拡充における教員の役割と抱える課題、また、国際教育協力の在り方について、ポスト2015年を見据えた検討を行います。政策重視の思潮に対して、現場中心の実践経験に豊かな日本はどう貢献ができるか、皆様の御参加による活発な意見交換の場となることを期待しています。

※国際教育協力日本フォーラム(通称JEF)は、20043月に日本の教育分野の国際貢献の一環として、官学協同で創設された年次国際フォーラムです。その目的は、発展途上国自身による自立的な教育開発及びその自助努力を支援する国際教育協力の在り方について、教育開発に携わる行政官、援助機関関係者、NGO、研究者等が自由かつ率直に意見交換する場を提供することです。また、日本の教育の経験とそれに基づく我が国の国際教育協力について広く世界に発信していくことも目的としています。

【日時】
平成25年2月7日(木) 10:00~17:00

【場所】
文部科学省 講堂(東京都千代田区霞が関3丁目2番2号)

【内容】※日英同時通訳、日西同時通訳、英西リレー通訳あり


■基調講演
*ジンガイ・ムトゥンブカ (アフリカ教育開発連合 議長)
*窪田眞二(筑波大学人間系教育学域 教授)


■パネルセッション
「初等教育の学習成果に影響を与える教員の課題とは何か」
「前期中等教育において教員が抱えている課題とは何か」

<モデレーター>
*ラモン・バカニ (東南アジア教育大臣機構 教育革新・技術センター センター長)

<パネリスト>
*エデン・アドゥブラ (ユネスコ 教員・高等教育局 EFA教員タスクフォース事務局長)
*リナ・ロウアネット・デ・ヌニェス (教育専門家(JICA算数指導力向上プロジェクト現地調整員)、グアテマララ
*宇田川 朋子 (さいたま市立指扇小学校 教諭(JOCV現職教員特別参加制度経験者)


■指定討論
■総括討論


ポスターはこちら(PDF:977KB)

【主催】
文部科学省、外務省、広島大学、筑波大学

【後援】
国際協力機構

【参加申し込み】
参加ご希望の方は、「参加申込書」にご記入の上、FAXまたはE-mailにて、下記お申し込み先へお送りください。
お申し込みは、平成25年1月31日(木)までにお願いします。

【お申し込み・お問い合わせ先】
Japan Education Forum(JEF)事務局
広島大学教育開発国際協力研究センター内
TEL:082-424-6959
FAX:082-424-6913
E-mail:japaneducationforum*yahoo.co.jp(注:*は半角@に置き換えてください)

ページのトップへ