センター長あいさつ

AI・データイノベーション教育研究センター長 木島正明

AI・データイノベーション教育研究センター長 木島正明

今後の日本が向かうべき超スマート社会(Society5.0)とは,「経済的発展と社会課題の解決を両立し,人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができる人間中心の社会」のことで,これを実現するためには,地域のスマート化による地方創生や地域企業のイノベーションが必須とされています.これらはさまざまなデジタルデータをAI(人工知能)・DS(データサイエンス)・ICT(情報技術)により知識化しロボット等で自動化・高度化することで実現可能とされますが,これは「AI・DS・ICT×ビッグデータ」がデジタル社会を支える鍵であるということに他なりません.このデジタル化の流れは,ポストコロナの社会で加速すると予想されます.

喫緊の課題である地域のスマート化や地域企業のイノベーションは,行政機関や企業が自前で実践していくには限界があります.

「AI・DS・ICT×ビッグデータ」の利活用には,知識やノウハウの教育および実務での適用が必要になるからです.実社会のデータを収集・保管しAI・ICTにより智慧を導出し,それを社会実装していくプラットフォームを整備して行政や企業が共同で活用するためには,教育研究機関である大学がAI・DS・ICTに関わるセンターを設置し適切に運営していくことが必要不可欠です.

 政府はAI戦略2019で,未来への基礎作りとして教育改革を掲げ,それに向けた取組みとして,デジタル社会の「読み・書き・そろばん」である「数理・データサイエンス・AI」の基礎教育だけでなく,社会人に対してもPBL(project-based learning)中心のAI実践スクールを開講し,基礎的ICT知識とAI実践的活用スキルを習得する機会の提供を大学に求めています.

 こうした状況を踏まえ,広島大学ではAI・DS・ICT教育の開発と普及,企業との連携による研究力の強化を推進するために, その拠点となる「AI ・データイノベーション教育研究センター」の設置を決めました.

 本センターでは,AI戦略2019で謳われているように,①広島大学および中国地区の企業・行政機関に対してICT知識とAIおよびDSの実践的活用スキルを習得する機会を提供し,②企業・行政機関の保有するビッグデータを用いた共同研究を通して,AI・DS分野における新たな手法の開発や研究領域の拡大,さらに新商品や新たなビジネスモデルを構築するためのイノベーションを創出することを目的とします.これらの目的を達成するために,本センターに4つの部門を設置し,互いに有機的な連携を保ちながらAI・DS・ICTに関する教育研究に邁進してまいります

木島 正明(きじま まさあき)

  • AI・データイノベーション教育研究センター センター長
  • 情報科学部 学部長(教授)

略 歴

  • 1982 年 東京工業大学大学院理工学研究科情報科学専攻修士課程修了
  • 1986 年 米国ロチェスター大学経営大学院博士課程修了(Ph.D.)

東京都立大学経済学部教授,京都大学大学院経済学研究科教授,首都大学東京大学院社会科学研究科教授などを経て,2018 年4月より現職(広島大学情報科学部長)

 筑波大学ビジネススクール,首都大学東京ビジネススクールや京都大学ファイナンス工学講座にて社会人教育に従事

専門分野

  • 金融工学,応用確率論

著  書

  • Stochastic Processes with Applications to Finance, 2nd Edition, Chapman & Hall, London(2013).
  • [日経文庫]金融工学,日本経済新聞社(2002).
  • 期間構造モデルと金利デリバティブ,朝倉書店(1999)など多数

共同研究

  • コア預金モデル(AA-Kijima モデル)の開発
  • 債務担保証券(CDO)のリスク評価モデルの開発 など多数


up