医歯薬学専攻(博士課程)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

(医学専門プログラム)博士(医学)または博士(学術)

  1. 医学における幅広い学識と高度な研究能力を有し、学際的・国際的に活躍できる能力を身につけている。
  2. 時代の要求に応え、先進的医療技術の開発・応用を担うことができる能力を身につけている。

(歯学専門プログラム)博士(歯学)または博士(学術)

  1. 歯科医学分野における研究を統合・発展させ、より高度な先進的歯学基礎研究を遂行することができる能力を身につけている。
  2. 先進的歯学基礎研究に基づく応用研究によって高度先進歯科医療を開発し、地域社会から国際社会まで広く展開できる能力を身につけている。

(薬学専門プログラム)博士(薬学)または博士(学術)

  1. 薬学に関する深い学識及び高い見識を有し、薬学の教育・研究を通じて、我が国の医療薬学及び薬物療法の発展に貢献できる能力を身につけている。
  2. 医療を中心とした薬学研究領域で国際的に活躍できる能力を身につけている。

(放射線医科学専門プログラム)博士(医学)または博士(学術)
放射線の人体影響に関する基礎的研究から臨床放射線医学までの先進的、かつ体系的な教育・研究を実施し、地域社会から国際社会まで広く展開できる能力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. カリキュラムは講義、特別演習及び特別実験から構成する。
  2. 医学・歯学・薬学・保健学分野の研究に必要な倫理的基盤と幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

1 求める学生像
 医歯薬学専攻のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生を求めています。

  1. 医学・歯学・薬学の基礎・臨床の先端研究に取り組みたい人
  2. 医学・歯学・薬学の既存の枠組みを越えて幅広く生命科学、放射線医科学の基礎・臨床を学びたい人
  3. 高度先進医療に取り組みたい人
  4. 医学・歯学・薬学分野での高度専門知識を学び、国際的に活躍したい人
  5. 社会人として医療系分野でのキャリアアップを図り、地域医療に貢献したい人

2 入学者選抜の基本方針
【一般選抜】
  学部段階の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、学力検査(筆記試験、口述試験)を課し、専門知識、志望理由、研究意欲などを総合的に評価します。

【社会人特別選抜】
  学部段階相当の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、学力検査(筆記試験、口述試験)を課し、専門知識、志望理由、研究意欲などを総合的に評価します。

【フェニックス特別選抜】
  学部段階相当の専門的知識を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、学力検査(筆記試験、口述試験)を課し、専門知識、志望理由、研究意欲などを総合的に評価します。

【外国人特別選抜】
  学部段階相当の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、学力検査(筆記試験、口述試験)を課し、専門知識、志望理由、研究意欲などを総合的に評価します。

教育・研究上の目的

医学専門プログラム

医学における幅広い学識と高度な研究能力を有し、学際的・国際的に活躍できる教育者・研究者及び時代の要求に応え、先進的医療技術の開発・ 応用を担うことができる高度専門医療人を養成することを目的としています。

歯学専門プログラム

歯科医学分野における研究を統合・発展させ、より高度な先進的歯学基礎研究を遂行するとともに、これに基づく応用研究によって高度先進歯科医療を開発し、これを地域社会から国際社会まで広く展開できる人材を養成することを目的としています。

薬学専門プログラム

薬学に関する深い学識及び高い見識を有し、薬学の教育・研究を通じて、我が国の医療薬学及び薬物療法の発展に貢献できる人材、医療を中心とした薬学研究領域で国際的に活躍できる人材を養成することを目的としています。

放射線医科学専門プログラム

放射線の人体影響に関する基礎的研究から臨床放射線医学までの先進的、かつ体系的な教育・研究を実施し、これを地域社会から国際社会まで広く展開できる人材を養成することを目的としています。

シラバス

担当研究室

医学専門プログラム

解剖学及び発生生物学 神経生物学 心臓血管生理医学
神経生理学 分子細胞情報学 医化学
神経薬理学 分子病理学 病理学
ウイルス学 疫学・疾病制御学 公衆衛生学
法医学 免疫学 消化器・代謝内科学
分子内科学 脳神経内科学 精神神経医科学
小児科学 外科学 消化器・移植外科学
脳神経外科学 整形外科学 皮膚科学
腎泌尿器科学 視覚病態学 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学
放射線診断学 放射線腫瘍学 産科婦人科学
麻酔蘇生学 循環器内科学 救急集中治療医学
総合診療医学 システム医療学 内視鏡医学
リウマチ・膠原病学 感染症学 リハビリテーション学
病理診断学 腎臓内科学 形成外科学
がん化学療法科学 生命科学 (国研)理化学研究所
神経・精神病態制御学(客員教授 内匠 透)
(国研)理化学研究所
神経・精神病態制御学
(客員教授 加藤 忠史)
(独)国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター
がん臨床制御学

歯学専門プログラム

硬組織代謝生物学 顎顔面解剖学 口腔生理学
生体分子機能学 口腔顎顔面病理病態学 細菌学
細胞分子薬理学 生体材料学 粘膜免疫学
歯周病態学 分子口腔医学・顎顔面外科学 口腔外科学
先端歯科補綴学 歯科矯正学 歯科放射線学
歯髄生物学 小児歯科学 歯科麻酔学
国際歯科医学・分子腫瘍学 歯科医学教育学 障害者歯科学

薬学専門プログラム

生理化学 生体機能分子動態学 細胞分子生物学
核酸分析化学 臨床薬物治療学 薬物療法開発学
治療薬効学 病院薬剤学

放射線医科学専門プログラム

細胞修復制御 放射線細胞応答 疾患モデル解析
放射線ゲノム疾患 ゲノム障害病理 がん分子病態
分子発がん制御 幹細胞機能学 放射線災害医療開発
血液・腫瘍内科 腫瘍外科 分子疫学
計量生物 線量測定・評価 (公財)放射線影響研究所
生体防御ゲノム機能
(公財)放射線影響研究所
放射線健康影響疫学
(公財)放射線影響研究所
放射線誘発突然変異解析
(国研)量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所
重粒子医科学・分子イメージング
(国研)量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所
放射線防護・緊急被ばく医療


up