保健学専攻(博士課程後期)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 博士(看護学)または博士(保健学)

  1. 保健医療福祉分野における新しい専門研究を推進する能力及び国際的視野を有している。
  2. 先進保健医療福祉に関する情報を社会的・国際的に発信し、活躍できる能力を身につけている。
  3. 高度な専門知識及び優れた研究能力に基づいて保健医療福祉分野の実践・指導ができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. カリキュラムは、講義、特講演習、特別研究から構成する。
  2. 保健学や高度先進医療の研究に必要な、ヘルスプロモーション研究法の基盤と幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
  3. 各専門科目の演習を充実する。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

1 求める学生像
 保健学専攻のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生を求めています。

  1. 保健学分野の専門知識に通じ高度な研究能力を身につけたい人
  2. しっかりとした実力を備えた保健学における教育者・研究者になりたい人
  3. 保健・医療・福祉の現場で活躍できる指導的専門職者・管理者を目指す人

2 入学者選抜の基本方針
 【一般選抜】
 博士課程前期段階の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、筆記試験及び口述試験により、専門知識、研究への適性、研究意欲などを総合的に評価します。

【社会人特別選抜】
 博士課程前期段階相当の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、筆記試験、口述試験及び業績により、専門知識、研究への適性、研究意欲などを総合的に評価します。

【フェニックス特別選抜】
 博士課程前期段階相当の専門的知識を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、筆記試験(小論文)及び口述試験により、専門知識、研究への適性、研究意欲などを総合的に評価します。

【外国人特別選抜】
 博士課程前期段階相当の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、口述試験により、専門知識、研究への適性、研究意欲などを総合的に評価します。

教育・研究上の目的

  1. 看護学の新しい理論と実践方法を自立して研究・開発できる看護学教育・研究者を養成することを目的としています。
  2. 理学療法学及び作業療法学において高度な専門知識を持ち、優れた研究能力を持った教育者及び学問体系確立のための研究開発者を養成することを目的としています。
  3. 保健医療福祉分野における新しい専門研究を推進できる高い研究能力及び国際的視野を有する教育者・研究者を養成することを目的としています。

シラバス

担当研究室

健康開発科学 健康情報学 基礎看護開発学
助産・母性看護開発学 成人看護開発学 小児看護開発学
精神保健看護開発学 成人健康学 地域・在宅看護開発学
地域・学校看護開発学 老年・がん看護開発学 スポーツリハビリテーション学
生体構造学 生体運動・動作解析学 生体機能解析制御科学
生体環境適応科学 運動器機能医科学 生理機能情報科学
作業行動探索科学 感覚運動神経科学 精神機能制御科学
上肢機能解析制御科学 老年・地域作業機能制御科学


up