薬科学専攻(博士課程前期)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  修士(薬科学)

  1. 創薬研究者及び生命科学研究者として幅広い分野で活躍できる素養を身につけている。
  2. 創薬、行政の領域を目指し、薬科学の確立と普及を担う教育者・研究者となるための能力を身につけている。
  3. 薬科学分野で国際的に活躍できる素養を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. カリキュラムは、講義、演習及び研究から構成する。
  2. 薬科学の確立と普及を担う教育者・研究者となるための能力を身につけるため、教育・研究の柱となる薬科学分野の知識に必要不可欠な理論に関する有機化学的、生物工学的及び薬理学的な観点等から、共通科目I(必修科目)として薬科学特論を履修する。
  3. 薬科学分野で国際的に活躍できる素養を身につけるために、幅広い知識と学識を深める事を目的として、オムニバス講義科目を共通科目II(選択必修科目)として履修する。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

1 求める学生像
 薬科学専攻のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生を求めています。

  1. 創薬研究・生命科学研究の基礎を幅広く学びたい人
  2. 創薬企業の研究・開発領域で活躍したい人
  3. 薬科学研究を通じて英語能力、プレゼンテーション能力を身につけたい人

2 入学者選抜の基本方針
 【一般選抜】
 学部段階の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、学力検査(筆記試験、口述試験)を課し、専門知識、研究意欲などを総合的に評価します。

【社会人特別選抜】
 学部段階相当の専門的知識を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、専門に関する小論文及び口述試験において、専門知識、研究意欲などを総合的に評価します。

【フェニックス特別選抜】
 学部段階相当の専門的知識を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、専門に関する小論文及び口述試験において、専門知識、研究意欲などを総合的に評価します。

【外国人特別選抜】
 学部段階相当の専門的知識及び語学力を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、筆記試験(外国語)及び口述試験において、専門知識、研究意欲などを総合的に評価します。

【他分野特別選抜】
 学部段階相当の専門的知識を修得していることを確認し、本専攻のカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、専門に関する小論文及び口述試験において、専門知識、研究意欲などを総合的に評価します。

教育・研究上の目的

創薬研究者及び生命科学研究者として幅広い分野で活躍できる人材、薬科学の発展と普及を担う教育者・研究者並びに薬科学分野で国際的に活躍できる人材を養成することを目的としています。

シラバス

担当研究室

生理化学 生体機能分子動態学 細胞分子生物学
核酸分析化学 臨床薬物治療学 薬物療法開発学
治療薬効学 微生物医薬品開発学 生薬学
医薬分子機能科学 創薬合成化学 薬効解析科学
医療薬剤学 病院薬剤学 未病・予防医学


up