D. ヴァリンズ[詳細]

略歴

Born in 1962. Selwyn College, Cambrige B.A. (1954). University of Sussex M.A. (1985). Lincoln College, Oxford D.Phil. (1990), University of Wales, Cardif, Part-Time Lecturer (1994), University of the West of England,Lecturer (1995). University of Hong Kong, Research Fellow and Honorary Assistant Professor (1997), Hiroshima University, Foreign Teacher (2000) ,Professor (2006)

教育・研究内容

最も得意とするのは英国のロマン主義文学である。特にS.T.コールリッジの作品に深い関心を持っているが、W.ワーズワースのような、他の英国ロマン派作家の研究も行っている。また、19世紀アメリカン・ルネッサンス期の文学や20世紀初頭のモダニズム文学など、広い視野での研究も行っており、R.W.エマソンやヴァージニア・ウルフについての論文も発表している。授業ではこうした文学研究の他、英会話や英作文も担当している。

主な研究業績

  • Contemplation and Criticism: Coleridge, Derrida and the Sublime, Comparative Critical Studies, 13(1), pp.27-45, 2016.
  • Immanence and Transcendence in Coleridge’s Orient, David Vallins, Kaz Oishi and Seamus Perry (eds.), Coleridge, Romanticism and the Orient: Cultural Negotiations, London: Bloomsbury, 2013.
  • Review Essay: Coleridge, Symbol, Scepticism, Romanticism, 15(3), pp.276-281, 2009.


up