QTA資格取得研修会

2022年後期QTA資格取得研修会(第38回・第39回)

1.目的

本研修会は、クォリファイド・ティーチング・アシスタント(QTA)として広島大学の教育活動に関わることを希望する学生を対象に、「教育を支援する」とはどういうことかを実践的に学ぶ場を提供し、QTA資格を付与することを目的としています。

2.実施方法

2022年後期QTA資格取得研修会は、オンラインにより実施します。

3.対象者

次のいずれかの方を対象とします。

  • 広島大学在籍の、QTA資格を取得したい学部生・大学院生
  • 広島大学在籍の、Hirodai TA制度やQTAの活用に関心のある学生・教職員

※今回のQTA研修会の受講により取得できるQTA資格の有効期限は、各課程(学士課程、博士課程前期、博士課程後期、博士課程、専門職学位課程)を離籍する日までとなります。ただし、2022年10月に大学院博士課程前期に進学予定の学部4年生または大学院博士課程後期に進学予定の大学院博士課程前期2年生が第38回の研修会を受講した場合、進学後の課程を離籍する日までとなります。

なお、2019年度までのQTA資格取得研修会の実施要綱に記載しておりました、Hirodai TA公開セミナーを2回出席することによりQTA資格を2年間延長する仕組みはなくなりました。

4.受講手順

受講の詳細な手順は、実施要項「4.受講手順」を参照してください。

5.注意事項

上記の手順によりQTA資格を取得せず、QTAとして業務を行った場合には、その後QTAとしての雇用を取り消す場合があります。

6.「TAセミナー」を開催します(予告)

教育学習支援センターでは今後、より実践的な内容を学びたいという学生に向けて、「TAセミナー」の開催を予定しておりますので積極的にご参加ください。
詳細が決まり次第、「もみじ」等で別途通知いたします。
 

(問い合わせ)
教育学習支援センター
TEL:082-424-4429
Mail:capr@office.hiroshima-u.ac.jp
   (@は半角文字に置き換えてください)


up