広大は"隠れた美術館"-「広大アート×ウォーク~広大生によるアートガイドツアー~」を開催します



-豊かな自然に囲まれたキャンパスで、アートを楽しみませんか?美術を学ぶ現役広大生が、わかりやすくガイドします!-

広島大学は、"隠れた美術館"といっても過言ではないほど、多くの美術作品を所蔵しています。

平成20年度に、広島大学文化資源開発・美術品調査整備プロジェクト(代表者:菅村亨教授/大学院教育学研究科)が行った調査によると、絵画・彫刻・工芸・書など、195点もの美術作品が本学に所蔵されていることが判明しました。

平山郁夫や棟方志功などの著名な作家によるものから、吉田正浪(彫刻)、難波平人(絵画)など本学に関わりのある作家によるものまで、幅広い作品が本学の各施設に所蔵・展示されています。一部を除いて、どなたでも自由に目にすることができますが、これまでその存在はあまり知られていませんでした。

今回、この隠れた「宝」を地域の方々に知っていただくため、本学の大学院教育学研究科の学生が、授業の一環として、アートガイドツアーを企画しました。詳しくは下記をご覧ください。

なお、参加者には所蔵作品を記載したアートマップをお配りします。

アートウォークのチラシ画像

                        記

【日時】

2011年2月5日(土)

1回目 10:45~12:45 

2回目 14:00~16:00

※各回約120分。1回目と2回目は同じ内容です。いずれかにご参加いただきます。



【場所】

広島大学東広島キャンパス  *交通アクセス・地図



【受付場所】

広島大学中央図書館ライブラリーホール



【ルート概要】

中央図書館ライブラリーホールでオリエンテーション



中央図書館ラウンジ、文学部、学士会館・サタケメモリアルホール、ぶどう池、教育学部



中央図書館で解散



【参加費】

無料



【定員】

各回15名  ※申し込み多数の場合は抽選。   



【お申し込みについて】

メールと往復はがきのいずれかで、下記(1)~(5)を記入のうえお申し込みください。

定員は15名ですので、申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。



(1)題名「広大アートXウォーク」参加の申し込み(メールの場合は「件名」の部分に記入)

(2)全参加者の氏名

(3)全参加者の年齢

(4)代表者の返信先住所または返信用メールアドレス

(5)代表者の電話番号



<宛先>

■往復はがきの場合

〒739-8524 広島県東広島市鏡山1-1-1

広島大学 大学院教育学研究科 造形芸術教育学講座 一鍬田研究室

■メールの場合

thitoku(AT)hiroshima-u.ac.jp ※(AT)は、半角@に置き換えてください。



<締切>2011年1月21日(金)必着(メールの場合は、17:00まで)

<通知>2011年1月25日(火)通知(往復はがきの方は、この日に発送いたします)



【備考】

・雨天決行。ただし、豪雨や雪の場合はルートを変更する場合があります。

・屋内外を歩きます。歩きやすい服装、靴でお越しください。

・足場の悪い道を歩いたり、階段などの上り下りをすることがあります。小学生以下のお子様や足の不自由な方の参加には、必ず保護者、付き添いの方が同伴されますようお願いします。





【お問い合わせ先】

広島大学 大学院 教育学研究科 造形芸術教育学講座

准教授 一鍬田 徹 (ひとくわだ とおる)

TEL: 082-424-7141

E-mail: thitoku(AT)hiroshima-u.ac.jp ※(AT)は、半角@に置き換えてください。


up