センターについて

広島大学での「教育サービス」の領域で社会貢献 地域社会へ多様な学習機会を

これまで本学では、昭和28年に「広島大学公開講座」が開講されてから「広島大学記念公開講座」「広島大学開放講座」「広島スポーツ教室」「放送大学実験番組」、リカレント教育推進事業、エル・ネット・オープンカレッジ、高大連携事業と名称を変え方法を変え多様な学習機会を地域に発信し続けています。
平成16年4月にエクステンションセンターが設置されました。「社会人を対象とした公開講座をはじめとする大学の機能的開放事業」及び「実社会で必要とされていることを大学の授業で提供する正課教育開放事業」、加えて「地域自治体等と連携した生涯学習事業」を行っています。

広島大学の3つの柱  教育 ・ 研究 ・ 社会連携

社会連携をすすめていくために、本学では地域との連携を重視しています。地域の人々、企業、団体、行政との連携による知識社会における新たなネットワークづくりをめざしています。大学の基本的な使命は、研究(新たな知の創造)と教育(知を継承する人材育成)です。本学では、これに加えて知の活用も重視しており、それを社会連携と呼んでいます。
社会との連携を組織的・継続的に進めていくことは、大学自身の教育・研究の活性化にもつながります。社会と大学双方を結び付け、発展させていくためにエクステンションセンターが設立されました。


up