平成29年度 講座一覧

平成29年度の講座はすべて終了しました。 
平成30年度は3月中旬頃、掲載予定です。

講座番号・講座名 申込/定員 提供部局
1.グローバル社会・大学・地域を結ぶ~異文化との接触に備えて~ 終了 国際センター
2.日本の美学と芸術 終了 総合科学部
3.道徳授業のつくり方 終了 教育学部
4.私たちが普段食べている「肉・乳・卵」についてもっと良く知ろう 終了 生物生産学部
5.発展途上国における持続的な社会発展 終了 国際協力研究科
6.合唱の喜びを分かち合おう2017 終了 教育学部
7.イノベーティブ企業家 終了 産学・地域連携センター
8.芸術と老年 Arts and Aging 終了 総合科学部
9.放射線が切り開く新しい医療~がん放射線治療・診断の最前線~ 終了 原爆放射線医科学研究所
10.みんなに役立つ住宅・建築技術 終了 工学部
11.バイオテクノロジーってなぁに?(広島) 終了 先端物質科学研究科
12.時事問題の経済学的とらえかた 終了 経済学部
13.数学の基礎と展望 終了 理学部
14.バイオテクノロジーってなぁに?(東広島) 終了 先端物質科学研究科
15.スポーツを通した健康学セミナー 終了 スポーツ科学センター
16.我が家の近代史 受付終了 文書館
17.憲法問題最前線:日本国憲法をめぐる問題の複眼的考察 終了 法務研究科
18.国際社会における平和と安全保障 終了 法学部
19.「ことば」を科学する 終了 文学部
20.家でもできる健康体操教室 ※30名程度の団体でお申込みください 1回30名程度 スポーツ科学センター

※1・2・3・6・8・12・18・19の講座は有料講座です。
 

 

1. グローバル社会・大学・地域を結ぶ~異文化との接触に備えて~

●内容
グローバル社会におかれた大学の変革、国際化の課題、地域社会と協働する多文化共生のための教育的施策について講義します。地域国際化や多文化共生のまちづくりについて日々議論される状況を踏まえ、地域と留学生をつなぐ国際的体験学習も紹介しつつ、グローバル社会における大学の国際教育と地域社会との新しい連携についても考察します。

●日時 5/18・25、6/1 木曜日 18:00~19:30

●会場 東広島キャンパス (教育学部 K308講義室)

●定員/対象 30名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら

 

2. 日本の美学と芸術

●内容
◆日本の代表的な美学思想や芸術作品を扱う。その際、自然観や社会的背景や宗教思想・倫理観等に触れつつ、日本的美意識や芸術観について講義します。
◆国際的視野を前提に、日本文化をよりよく理解するために、各時代を代表する作品や概念や思想を扱い、古代から現代までの日本的美意識や美学、また芸術を、最前線の研究を踏まえて、わかりやすく解明していく講義です。

●日時 5/20、6/24、7/22、8/12、9/2・9・23・30、10/15 土曜日(10/15のみ日曜日) 14:00~16:00

●会場 東広島キャンパス (総合科学部 J306講義室)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら ※2回と3回の内容が入れ替わりました。

 

3. 道徳授業のつくり方

●内容
平成30年度から小学校、平成31年度から中学校で、「特別の教科 道徳」が全面実施されます。この講座では、道徳授業の教材研究の仕方、具体的な板書や発問など基礎的な授業方法を演習を通して学ぶとともに、模擬授業を行って、授業評価・改善の方法も含めた道徳の授業実践力を身につけていきます。

●日時 5/20、6/24、7/29 土曜日 13:45~17:00

●会場 東千田キャンパス
    (5/20 東千田校舎 A棟404講義室、6/24・7/29 東千田未来創生センター M202講義室/広島市)

●定員/対象 50名/小学校・中学校教員、教育行政関係者 終了

●受講料 6,200円

詳細は こちら

 

4. 私たちが普段食べている「肉・乳・卵」についてもっと良く知ろう

●内容
私たちの普段の食卓に「肉・乳・卵」が上ることは、もはや特別な事ではなくなりました。しかし、皆さんはこれらの食材がどのように生産されているのか、きちんと考えたことはありますか?本講座では我が国の代表的な畜産食材である牛乳、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、およびそれらを生産する家畜の飼料、の6つの話題について様々な切り口から丁寧な解説を行い、我が国を取り巻く「食」に関する理解を深めます。この機会にもう一度、私たちの「食」について考えてみませんか!

●日時 6/3・10・17 土曜日 13:00~15:15

●会場 東広島キャンパス (生物生産学部 C205講義室→C206講義室)

●定員/対象 30名→120名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

5. 発展途上国における持続的な社会発展

●内容
途上国の開発支援、政策策定の現場では、貧困対策、産業育成、環境保全等多様な視点が必須となっています。本講座では環境、交通、産業等さまざまな政策のあり方について議論することを通じ、持続的な社会発展の方法について、学んでいきます。

●日時 6/3・10・24 土曜日 13:30~16:45

●会場 東広島キャンパス (国際協力研究科 大会議室)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら ※4回(タイトル・内容)および6回(タイトル・内容・講師)が変更になりました。

 

6. 合唱の喜びを分かち合おう2017

●内容
広島大学生とともに、内外の合唱作品を通して実践的な演奏技術(発声法、歌唱法等)を学習しながら、合唱の喜びをさぐります。希望者は、12月3日(日)広島大学サタケメモリアルホールで開催予定の演奏会に出演することができます。曲目は未定です。
今までの演奏実績は、
H22年度 『オペラ《イーゴリ公》よりポロヴェツ人の踊り(オーケストラ伴奏)』
H23年度 『土の歌』
H24年度 『運命の歌(オーケストラ伴奏)』
H25年度 『水のいのち』
H26年度 『レクイエム(フォーレ)』
H27年度 『ふるさとの四季』
H28年度 『島よ』
などです。合唱は、合唱団員にある程度の演奏能力の差があっても、寛容に受け入れ、1つにまとまる可能性をもちます。音楽を専門に学ぶ者からそうでない者まで、力を補いながら、ともに演奏することができます。必要に応じて音取りCDの活用や、パート練習、強化練習を行います。

●日時 6/7~7/26、10/4~11/29(11/1除く) 毎週水曜日 16:20~17:50

●会場 東広島キャンパス (教育学部音楽棟 F101、学士会館レセプションホール)

♪演奏会(希望者) 12/3(日) サタケメモリアルホール(予定)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円(傷害保険料等実費を別途徴収)

詳細は こちら

 

7. イノベーティブ企業家

●内容
本公開講座は本年度で10年目を迎えます。世界のトップ企業であるデンソーのものづくりの技術経営と欧州の最新の技術開発をはじめ、日立の海外ビジネスの展開や地元の世界企業のシャープの商品開発および、知財や技術戦略などの事例研究等を通じて、最先端な企業経営の実践とIoTなどを含む情報技術の最新動向について学びます。また、企業経営における技術開発の基本知識や技術移転戦略など企業経営の話題を学習する機会を提供します。

●日時 6/15(木)・19(月)・26(月)、7/20(木) 18:10~19:40

●会場 東広島キャンパス (工学部 220講義室)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

8. 芸術と老年 Arts And Aging

●内容
◆芸術は様々な老年・老人像を描く:古今東西、芸術は、老年や老人あるいは老いを、描いてきました。叡知に満ちた老いもあれば経験に囚われた頑迷もあれば、慈悲深い老人あるいは堪え性のない老いも描かれます。
◆作家も老いる:老いを描き表現する芸術家自身が老い、それがまた様々な問題を喚起しています。革新や独創を謳う創造概念は、若さや清新に適合的かもしれません。一方、人生の時を経て味わわれる枯淡やさびを自己の経験と人格を通して表現することは、円熟の芸術家に相応しいかもしれません。しかし、死への行路を芸術に捧げ、安定の老境を越える厳しい生き方もありました。芸術家の老年に興味深い創作美学上の問題があるのです。
◆楽しむ人も老い、老いて楽しむ芸術がある:受容する人間の老年・老化に伴う享受のありようも人間学的省察の対象となります。現代社会の高齢化も考慮すべきでしょう。素人俳人も日曜画家もにわか写真家も皆中年以降、ことに退職後に、大量に出現するのが日本の現況でしょう。そこでは、芸術自体の意味が変わってきます。単なる教養ではなく、自身が実践して楽しみ歩む芸術へと、死にがいにも生きがいにも関わり、意義が変化します。
◆芸術を縦糸に、老年・老境・老化を横糸として、老いることと芸術の綾のある文様を織りだしてみようというのが、本講座の狙いです。

●日時 6/17、7/1・8・15、8/20・26、9/2・9・16 土曜日(8/20のみ日曜日) 14:00~16:00

●会場 サテライトキャンパスひろしま (広島県民文化センター 504講義室/広島市)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら

 

9. 放射線が切り開く新しい医療~がん放射線治療・診断の最前線~

●内容
放射線を用いた医療は近年目覚ましい進歩を遂げています。本公開講座では、放射線治療や放射線診断の原理や特長を分かりやすく解説するとともに、放射線医療に関する様々な技術や最新の治療施設などについてご紹介します。

●日時 7/6・13・20 木曜日 18:00~19:30

●会場 広島市南区民文化センター・スタジオ (広島市)

●定員/対象 120名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

10. みんなに役立つ住宅・建築技術

●内容
建築は私たちが多くの時間を過ごす大切な空間です。安心で豊かに暮らしていくには、快適・安全で長持ちする建築が不可欠となります。本講座では、住宅設計、防災・減災、長寿命化、生産現場、耐震技術、建築環境の面から最近の住宅・建築技術を紹介するとともに、今後の安全・安心な暮らしに役立つ情報を提供します。

●日時 7/22、8/5 土曜日 13:00~16:20

●会場 東広島キャンパス (工学部 102講義室 →103講義室)

●定員/対象 50名 →80名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

11. バイオテクノロジーってなぁに?(広島)

●内容
生物の持つさまざまな働きを上手に利用し、私たち人間の生活および健康や環境保全に役立たせようと、広島大学工学部/先端物質科学研究科では、1.優れた生物機能を探し出す(探すバイオ)、2.生物機能を詳しく解明する(知るバイオ)、3.生物機能を育て上げて活用する(活用するバイオ)教育・研究をしています。そうした私たち広島大学工学部/先端物質科学研究科のバイオテクノロジーを最新の情報を交えてわかりやすく紹介します。

●日時 7/22、8/5 土曜日 13:00~17:15

●会場 サテライトキャンパスひろしま (広島県民文化センター 501・502講義室/広島市)

●定員/対象 50名→90名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

12. 時事問題の経済学的とらえかた

●内容
新聞を読む際に遭遇する時事問題の理解に必要な基礎知識と、経済学的とらえかたを教えるための方法を習得します。

●日時 7/29 土曜日 9:00~16:20

●会場 東千田キャンパス (東千田未来創生センター M304講義室/広島市)

●定員/対象 50名→100名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら

 

13. 数学の基礎と展望

●内容
現在、私たちが学校で学んでいる算数・数学は四千年以上の年月を超えて受け継がれてきました。特にこの四百年の間の進展はめざましいものがあり、私たちの興味に応じてかなり深い内容・幅広い内容についても学ぶことができる環境が整ってきました。大学では、今この流れの中で数学に魅せられた学生・スタッフが日々数学を学び、研究しています。本公開講座では、数学とその応用に関する最先端を切り拓いている3名の講師を広島大学の内外から招き、お話を通じて、数学の深み・幅広さ、そしてなによりも数学の楽しさを体感していただこうと、この公開講座を企画致しました。

●日時 8/5 土曜日 9:30~17:00 9:00~受付、9:50~10:00 開講式、10:00~16:30 講座、16:30~16:40 修了式

●会場 東広島キャンパス (理学部 E102講義室)

●定員/対象 200名/高校生および数学に関心のある方 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

14. バイオテクノロジーってなぁに?(東広島)

●内容
生物の持つさまざまな働きを上手に利用し、私たち人間の生活および健康や環境保全に役立たせようと、広島大学工学部/先端物質科学研究科では、1.優れた生物機能を探し出す(探すバイオ)、2.生物機能を詳しく解明する(知るバイオ)、3.生物機能を育て上げて活用する(活用するバイオ)教育・研究をしています。そうした私たち広島大学工学部/先端物質科学研究科のバイオテクノロジーを最新の情報を交えてわかりやすく紹介します。

●日時 9/2・9 土曜日 13:00~17:15

●会場 東広島キャンパス (先端物質科学研究科 401N講義室)

●定員/対象 50名→60名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

15. スポーツを通した健康学セミナー

●内容
スポーツを行うことは、健康の維持・増進にとって重要です。しかし、その効果を十分に引き出すためには、スポーツの役割について正しく理解する必要があります。本講座では、スポーツ科学に関する講義およびスポーツの実践を通して、健康的な生活を営むための知識を深めることを目的とします。

●日時 9/26、10/3・10・17・24 火曜日 12:50~14:20

●会場 東広島キャンパス (西体育館)

●定員/対象 30名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

16. 我が家の近代史

●内容
21世紀を迎え、20世紀や日本の近代を振り返ることも多くなってきています。同時に、多くの人にとってそれは、自身や家族、両親、先祖が生き抜いてきた歴史のなかで「近代」を実感することを意味しています。そこで本講座では、参加者が「我が家の近代史」を地域や社会に根ざした「家族の肖像」として、あるいは地域の歴史として残していくために、専門性を有した広島大学の教員が、資料の収集・整理から、執筆にいたるまで指導します。なお、本公開講座は、平成17年度より開講し、今年度で第13期目となります。

●日時 10/14、11/18、12/16、2/17 土曜日 10:00~15:00(2/17は~12:00)

●会場 東広島キャンパス (文書館)

●定員/対象 8名(抽選)/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

17. 憲法問題最前線:日本国憲法をめぐる問題の複眼的考察

●内容
現代国家あるいは現代社会においては、国家統治のあり方や人権保障のあり方をめぐっても、絶えず新たな問題が提起され、憲法学も対応を迫られています。この講座では、天皇の生前退位、ポピュリズム、ヘイトスピーチ、安全保障関連法など、近時注目を集める諸問題を念頭に、憲法をめぐる現代的問題を、様々な視点から考察していきます。

●日時 10/21 土曜日 13:30~16:50

●会場 東千田キャンパス (東千田未来創生センター M204講義室→M304講義室/広島市)

●定員/対象 50名→150名/どなたでも 終了

●受講料 無料

詳細は こちら

 

18. 国際社会における平和と安全保障

●内容
21世紀に入り、国際情勢の安定性が低下している事実が明らかになってきました。中東の内戦状態、イスラム過激主義とテロの蔓延、ロシアのウクライナ紛争への介入、中国の東シナ海、南シナ海への進出などは、その一例にすぎません。この講座では、国際社会において、平和を維持し、安全保障をより確実なものにするために、どのような努力がなされているのか、そこにはどのような限界があるのか、国家や制度の役割は何なのかという問題について、新しい知識を受講者のみなさんに提供し、そのような問題についてともに考えていきたいと思います。

●日時 10/28、11/11・18・25、12/2・9 土曜日 13:30~15:45

●会場 東千田キャンパス (207講義室/広島市)

●定員/対象 50名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら 

■11/25(土) 7・8回のタイトルと講師が変更になりました。 詳細

■11/25(土)と12/2(土)の内容が入れ替わりました。 詳細

 

19. 「ことば」を科学する

●内容
「ことば」を扱う分野としては、文学、語学、言語学などがありますが、言語学は言語の構造を解明するという科学の一分野として位置づけられます。本講座では、個別言語学・一般言語学・対照言語学というアプローチから「ことば」について科学的に講義します。

●日時 11/11・18、12/16 土曜日 13:00~16:15

●会場 サテライトキャンパスひろしま (広島県民文化センター 504講義室/広島市)

●定員/対象 60名/どなたでも 終了

●受講料 4,000円

詳細は こちら

 

20. 家でもできる健康体操教室

●内容
一般的な高齢者における身体の特徴についての基本的な知識と自分でチェックすべき事項や留意点を学び、寝たきり予防や転倒予防のための体ほぐしや筋肉の力をつける簡単な体操やノルディック・ウォーキングなどを実践します。

●日時 要相談 10:00~12:00 または 13:30~15:30

●会場 地域の体育館および公民館等

●定員/対象 1回30名程度/60歳以上 ※30名程度の団体でお申込みください。

●受講料 無料

詳細は こちら


up