新型コロナウイルス感染症の予防に対するご協力のお願い

保護者のみなさま
                          広島大学附属福山中・高等学校
                               校長 清水 欽也

       新型コロナウイルス感染症の予防に対するご協力のお願い

 新型コロナウイルス感染症の予防のため,保護者のみなさまには,平素から下記の
点にご注意いただきますよう,ご協力をお願いいたします。

1 感染源とならないための「健康管理」
・毎日の体温測定など,適切な健康管理を行ってください。体温は,毎日登校前に測
定し,家庭で記録を残してください。
・登校前に健康観察を行ってください。発熱,咳等の風邪症状がある場合は,自宅等
で静養させてください。この場合,電話により欠席の連絡をいただくとともに,「自
宅静養届」を後日担任にご提出ください。原則,欠席ではなく出席停止(出席を要さ
ない日数としてカウント)の扱いになります。
・次の症状がある場合は,最寄りの「帰国者・接触者相談センター」に相談してくだ
さい。
(1)風邪症状や37.5 度以上の発熱が4 日以上続く場合
(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

2 感染経路を絶つための「咳エチケット・手洗いの励行」
・ウイルスは,咳やくしゃみの飛沫により感染します。咳やくしゃみをすると,飛沫
が2m ほど飛びます。「咳エチケット」は,ウイルスを他人に感染させないために,
個人が咳・くしゃみをする際に,マスクやティッシュ・ハンカチ,袖を使って,口や
鼻をおさえることです。
・環境中にばらまかれたウイルスは,しばらくの間,生きています。ウイルスは,の
どや消化器官の粘膜,目の粘膜,鼻の粘膜等から感染します。これらの粘膜にウイル
スの付着した手で触らないことが「自分の体の中に病原体を持ち込まない」ことにつ
ながります。そのために,「手洗い」を行います。
咳エチケット・手洗いの励行については学校でも指導しますが,ご家庭でも上記の
内容を生徒とご確認いただき,励行させてください。また,臨時休校中と同様に,不
要不急の外出は避けてください。

3 抵抗力を高めるための「十分な栄養,睡眠の確保」
・免疫力を高めるため,十分な睡眠,適度な運動やバランスの取れた食事を心がけて
ください。

なお,当校の「教育活動の再開にともなう新型コロナウイルス感染症対策の方針」も,
ご参照ください。

 


up