令和3年度

令和3年度 中学校・高等学校 教育研究大会

主題

「『学ぶ』から『探す』へー中・高6カ年の学びの地図ー」(第3年次)
   「○○」的『探究』とは:各教科からの提言

 本校では,令和元年度からの研究主題を「『学ぶ』から『探す』へ-中・高6カ年の学びの地図-」に設定しました。3年間の教育実践研究を通じて,各教科あるいは教科の枠を超えた教育課程全体として,「探す」場と「学ぶ」場の関係を改めて検討することで,「学ぶ」ことと「探す」ことの関係を整理し,「学ぶ」ことが「探す」ことにどうつながるのか,「探す」ことを通じて「学ぶ」ことにどうフィードバックできるのかを検証することにより,本校独自の「学びの地図」を模索してきました。
 第1年次(令和元年度)は,これまで本校で開発してきた『「深い学び」教科スケルトン』を発展させる形で,「学びを深めるステップ」における学習活動が「探究」にどうつながっていくのかを明記しました。
 第2年次(令和2年度)は,卒業生調査をもとに課題研究(探究)を遂行する中で現れる様々な「動詞」を抽出した『探究ファクター』を開発し,生徒の「探す」を実現するための授業づくりの事例として『探究ファクター』を組み込んだ授業を各教科で提案しました。
 第3年次(令和3年度)である今年度は,第2年次の深化を目指して取り組んでおります。中・高6カ年の「学びの地図」の作成のためには,各教科の文脈において「探究的な学び」を充実させることが必要であると考え,「〇〇」の部分に教科名及び科目名を当てはめて,各教科から生徒に応じた「探究」の形について提案します。
 全体会では,本校3年間の教育実践研究を,よりよくご理解いただく助けとなるよう,パネルディスカッションを実施し,教科から探究へ,探究から教科への往還に向けた具体的な方法をご紹介いたします。そして,皆様からご意見をいただきながら研究を深め,中等教育の発展に貢献したいと考えております。4人の本校教諭がパネリストとして提案し,広島大学の木下博義先生に整理していただき,文部科学省の長尾篤志先生(オンラインで参加)から助言をいただきます。
 

日時

令和3年11月27日(土)
 9:30~16:30(受付9:00開始)

会場

広島大学附属中・高等学校
 〒734-0005 広島市南区翠一丁目1番1号

主催

広島大学附属中・高等学校 中等教育研究会

後援

広島県教育委員会 広島市教育委員会

スケジュール

 9:00~ 9:30   受付
 9:30~10:20  公開授業(1)または教科分科会(研究発表,研究協議等)
10:35~11:25 公開授業(2)または教科分科会(研究発表,研究協議等)
11:40~12:30 公開授業(3)または教科分科会(研究発表,研究協議等)
12:30~13:30 昼食・休憩
13:30~14:40 教科分科会(研究協議,講演等)
15:00~16:30 全体会(パネルディスカッション)
        「教科における探究的活動と課題研究の接点」

公開授業・分科会
全体会(パネルディスカッション)

コーディネーター  木下 博義 広島大学大学院人間社会科学研究科准教授
パネリスト     井上 純一,井上 優輝,三根 直美,山岡 大基(本校教諭)
助言者       長尾 篤志 文部科学省初等中等教育局主任視学官 ※オンラインでの助言

申込

(後日掲載します)

参加費

参加費無料です。(資料代も不要です)

その他

(1)駐車場に限りがありますので,できるだけ公共交通機関をご利用ください。
(2)昼食については,本校の食堂を営業しておりますので,ご利用ください。
   近隣にも飲食店,コンビニ等ございます。
(3)宿泊については,各自で手配してください。
(4)研究大会に関して,ご不明な点がございましたら,本校研究部までお問い合わせください。 

問い合わせ先

〒734-0005 広島市南区翠一丁目1番1号
 広島大学附属中・高等学校 研究部
 TEL 082-251-9867  FAX 082-251-0208
 e-mail  conf-fuhs[at]ml.hiroshima-u.ac.jp
 ※[at]は半角の@に置き換えてください。


up