支援内容

今後どう生きていくかを大学生活を通して考えてほしいという願いから、留学生を含め、学部生から博士課程後期の大学院生、若手研究者に至るまでを対象として、一貫したキャリア支援を企画、提供しています。
キャリアを考えることは生き方を考えることです。「したいことは何か?」「できることは何か?」「すべきことは何か?」など進路・職業選択を通して生き方を考える学生を支援しています。

1年次生から活用できる進路・職業選択支援プログラム

将来の進路・職業選択を早期に考えるきっかけを与え、キャリアデザイン能力を養成するためのプログラムを用意しています。

  1. 学部1年生の必修科目「大学教育入門」の講義
  2. 教養ゼミでのキャリアガイダンスの実施
  3. キャリア教育科目の開講
  4. インターンシップの実施(事前・事後指導含む)
  5. 大学運営支援業務の紹介

卒業(修了)の前年次生からの就活支援プログラム

厳しい就職戦線に対応して自立的な就職活動を可能にするための支援を行っています。

  1. 就職ガイダンス、セミナーの実施
    ・基本・実践的ガイダンス
    ・学内企業セミナー
    ・業界セミナー
    ・公務員ガイダンス
    ・就活実践セミナー
    ・内定者によるセミナー
    ・合同企業説明会
  2. 就活支援ツアー(東京・大阪)の実施
    ・大規模合同企業説明会参加
    ・OB・OGとの懇談会実施
  3. 就活ハンドブックの配布
  4. キャリア相談・就職相談
  5. 学生情報の森「もみじ」の進路・就職システムによる支援
  6. 東京オフィスでの就活支援

若手研究人材養成のための支援プログラム

博士課程後期の大学院生および若手研究者を対象とし、地域の大学・企業等と連携して人材育成、キャリア支援を行っています。

  1. 広島大学特別研究員制度の実施
  2. キャリア及び能力開発のためのプログラム提供
    ・長期インターンシップ派遣
    ・未来博士3分間コンペティション
    ・高度イノベーション人財のためのキャリアデザイン
    ・イノベーション演習
    ・海外専門機関との共同企画等
  3. 博士人材キャリア相談
  4. ITシステム「若手研究者ポートフォリオ(HIRAKU-PF)」による支援 等


up