インターンシップ

インターンシップとは?

インターンシップは、「在学中や卒業直後の学生が、自分の専攻や将来のキャリアと関連した就業経験を、一定期間指導を伴い行うこと」(文部科学省)と定義されています。文部科学省、経済産業省、厚生労働省や各経済団体は、インターンシップを積極的に推進しており、インターンシップを取り入れている企業は年々増加しています。
大学内での学習やサークル活動から離れ、企業・自治体・NPO法人等、社会の中での就業を通して、ものの見方や考え方を広げ、生き方や将来を見つめることができる機会です。

インターンシップの意義

インターンシップは、学生・企業および大学にとって、それぞれ次のような意義を持つと考えられます。

学生にとって

  • 自分のやりたいことを探す一手段として仕事を体験することができる。
  • 自分の専門分野を現場で応用することにより、確かな知識を習得できる。
  • 仕事をするにはどのような能力が必要か、体験を通して実感できる。
  • 自分の職業適性を確認することができ、職業選択の参考になる。

企業にとって

  • 企業の求める実践的な人材の育成に役立つ。
  • 企業と大学の相互交流を促進し、共同研究や産学連携を生む機会を増やす。
  • 企業や職種に関する理解を深められる。

大学にとって

  • 地域企業や自治体との連携の強化につながる。
  • 産学連携の促進を通して、産業界との関係を強化できる。
  • 地域や社会のニーズを把握することで、大学の教育内容等の改善につながる。

広島大学の目標である「挑戦する意欲を持ち、行動できる人材育成」につながる制度のひとつが、インターンシップといえます。

インターンシップの型

インターンシップは、その目的や方法・実習内容、期間など様々ですが、ここでは学生からみた目的別に、大きく4つにわけて説明します。

  • 企業体験型
    将来勤めてみたい会社など、特定の企業・組織の勤務体験を通して、その企業の特徴や、自分の価値観との適合度などを体験する。
  • 職業体験型
    特定の職種を希望する学生が、その職業を体験することで、必要な専門知識や能力、自分の適性などを実感する。
  • 労働体験型
    働くとはどういうことかを体験するために、企業や職種にこだわらず労働を体験する。
  • キャリアビルド型
    特定の技術のスキルアップなど、明確な目的のもと、実践力を養い実績を積む。

インターンシップを実施している企業の見つけ方

  • グローバルキャリアデザインセンターホームページおよびセンター内資料を確認
  • 各学部・研究科掲示板を確認
  • 企業のホームページを確認
  • インターンシップ情報サイトで検索 など

さまざまな企業・官公庁等がインターンシップを実施しています。行きたい企業・官公庁等の情報を見逃さないよう、こまめにチェックしましょう。

グローバルキャリアデザインセンターでインターンシップ情報を閲覧できます

大学に届いたインターンシップ情報は、グローバルキャリアデザインセンター内で自由に閲覧やコピーができます。お気軽にお越しください。


up