専門職学位課程の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

 専門職学位課程では,以下の能力を身に付け,所定の単位数を修得し,所定の審査に合格した学生に,課程に応じて「教職修士(専門職),法務博士(専門職)」の学位を授与する。

 ① 教職開発又は実務法学における諸課題の発見と解決のための優れた知性,研究力,対応力を有している。

 ② 高度専門職業人としての使命を自覚し,高い倫理観を有している。
 

カリキュラム・ポリシー

 専門職学位課程では,教職開発又は実務法学における実践的プロフェッショナルを育成するため,以下のように教育課程を編成し,実施する。

 ① 教職開発及び実務法学の現場で高度専門職業人として活動するために必要な専門的知識と能力の獲得を促すため,専攻分野に関連する専門科目を体系的に提供する。

 ② それぞれの現場における実践的な問題解決力を養うため,事例研究や課題研究など実践的研究に取り組む科目を提供する。

 

アドミッション・ポリシー

 専門職学位課程では,以下のような志や意欲をもち,それに必要な基礎学力を持つ学生の入学を求める。

 ① 教職開発又は実務法学の現場で活躍することで,自由で平和な国際社会の構築に貢献しようとする意欲を持つ人

 ② 高等教育機関における高度専門職業人養成に関心を持ち,教職開発又は実務法学の現場で活躍できる人材を養成することにより,社会に貢献したいという志を持つ人

 


up