蓮池 里菜

  • 木下幸治,櫻井勇太,馬場梨瑛,蓮池里菜,小野友暉,“41年間大気暴露された耐候性鋼溶接継手のさび組成と疲労強度”,土木学会論文集A1(構造・地震工学),190-202 (2022). DOI
     
  • 蓮池里菜,木下幸治,“畳み込みニューラルネットワークを用いた耐候性鋼材腐食部劣化度判定の試み”,AI・データサイエンス論文集2(J2),813-820 (2021). DOI
     
  • 木下 幸治, 畑佐 陽祐, 蓮池 里菜, “凍結防止剤の変更による実橋梁の塩化物に起因した腐食抑制効果のさび組成に基づく評価”, 高速道路と自動車, 63(7), 21-27 (2020).

関連リンクの“researchmap”をクリックすると、その他の論文情報をご覧いただけます。

愛知県出身。2015年に岐阜大学工学部を卒業後、2020年に同学大学院にて博士号を取得。2020年4月から琉球大学工学部附属地域創生研究センターで特命助教を務めながら、母校岐阜大学工学部においても特任助教を兼任。2021年4月より現職である山口大学大学院創成科学研究科助教として着任した。半永久的に腐食フリーな鋼橋の実現に向けて、研究に全力を注いでいる。

高度経済成長期に集中して整備されたインフラ設備の老朽化に伴い、わが国の社会基盤工学の分野では「アセットマネジメント」の考え方をもとに、今あるインフラ設備に最適な維持管理を施すことでコストを最小化し、安全に長く使用することを目指している。この流れを受け、研究テーマとして腐食制御による「腐食フリーな鋼橋」の実現を掲げている。方法としては2つあり、1つはさびの組成に着目し、腐食の進行が比較的緩やかな安定した状態を導き出す方法であり、もう1つは腐食に強いステンレス材料を部分的に適用する方法である。これらのアプローチから、腐食を制御する方法の確立を試みている。


up