World Health Summit in Hiroshima 2018

2018年10月6日(土)にWorld Health Summit in Hiroshima 2018が開催されました。

World Health Summit in Hiroshimaでは、日本や米国をはじめ、アジア諸国など世界各国の医療関係者が集い、医療の現状と今後の課題について講演、ディスカッションが行われました。

第2回目となるSummitには様々な国籍・職種の医療関係者およそ100名が集い、木内良明病院長のOpening remarksにより開会しました。基調講演として、ハーバード公衆衛生大学院(アメリカ)のIchiro Kawachi教授、シンガポール国立大学(シンガポール)副学長のTien Yin Wong教授をお招きして、東日本大震災において調査された高齢化社会の災害回復力について、また医学におけるArtificial Intelligence(人工知能)についての非常に興味深いご講演をいただきました。

さらに広島大学大学院医歯薬保健学研究科口腔健康科学講座教授の内藤真理子先生および広島大学大学院医歯薬保健学研究科所属の医師で公衆衛生を専門とされているMd Moushiur Rahman先生により、日本における大規模なコホート研究について、途上国における公衆衛生の課題についてご講演いただきました。続いて行われた若手の演者によるWorkshopでは日本やオセアニア、アジア諸国の現状について興味深いご講演をいただきました。

Opening remarks
<上段左>
広島大学病院 病院長 木内良明
広島大学大学院医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 視覚病態学 教授

Chair
<上段中>
広島大学病院 副病院長 田妻進
広島大学病院 総合内科・総合診療科 教授
広島大学病院 未来型グローバル医療人育成センター センター長
<上段右(写真右)>
広島大学医学部地域医療システム学講座 教授 松本正俊
<上段右(写真左)>
広島大学大学院医歯薬保健学研究科 歯科矯正学 教授 谷本幸太郎
<上段右(写真中)>
広島大学病院薬剤部 助教 垰越崇範

Keynote lecture

Disaster resilience in an aging society: Lessons from the Great East Japan Earthquake and Tsunami
Ichiro Kawachi, MD, PhD

Ichiro Kawachi, MD, PhD
Professor, Department of Social Epidemiology
Chair, Department of Social & Behavioral Sciences
Harvard School of Public Health

Artificial Intelligence in Medicine: Concepts, Challenges and Lessons
Tien Yin Wong, MD, PhD

Tien Yin Wong, MD, PhD
Professor & Medical Director, Singapore National Eye Center
Chair of Ophthalmology & Vice Dean
Duke-Nus Medical School
National University of Singapore

Large-scale cohort studies in Japan: Current status and future perspectives
Mariko Naito, DDS, PhD

Mariko Naito, DDS, PhD
Professor
Department of Oral Epidemiology
Graduate School of Biomedical & Health Sciences
Hiroshima University

The Challenges of Public Health in the Developing World
Md Moshiur Rahman, MBBS, MPH, PhD

Md Moshiur Rahman, MBBS, MPH, PhD
Associate Professor
Department of International Health & Medical Care
Graduate School of Biomedical & Health Sciences
Hiroshima University

Workshop

Current status of Japanese primary care and development of measuring tool for medical complexity in Japan
Shuhei Yoshida, MD, PhD

Shuhei Yoshida, MD, PhD
Assistant Professor
Department of Community-based Medical System
Graduate school of Biomedical and Health Sciences,
Hiroshima University

Health care issues in Papua New Guinea
Yuki Koga, B.Sc.Phm.

Yuki Koga, B.Sc.Phm.
Doctor’s Course Student
Graduate School of Biomedical & Health Sciences
Hiroshima University
Department of Pharmaceutical Services
Hiroshima University Hospital

The Challenge for Indonesian in near future related to lifestyle disease, End Stage Renal Desease patient management
Theresia Maria Toji Pio, RN

Theresia Maria Toji Pio, RN
Master’s Course Student
Division of Nursing Science
Graduate School of Biomedical & Health Sciences, Hiroshima University
Nakajima Tsuchiya Clinic- Hemodialysis Center, Hiroshima, Japan

Estimating the impact of nationwide supplementary immunization campaigns on the epidemiology of measles in Cambodia, Philippines and Vietnam, 2007-2017
Momoko Yamaoka

Momoko Yamaoka
5th Grade Medical Student
Hiroshima University School of medicine

Panel discussion

集合写真


up