生物統計相談

未来医療センター生物統計部は、生物統計学の方法論および応用研究、ならびに生物統計教育を実施しています。 更に、多くの医学研究者との共同プロジェクトにも参画しています。

生物統計学は、医学領域における統計手法の開発と応用を専門領域とする学問です。具体的には、非臨床研究(基礎研究)や臨床研究において、生物統計学的観点から、最適なデザインを提供し、およびそれら研究におけるデータの収集、分析、解釈を適切に行い、さらには適切に情報を提供するために必要となる方法論の開発、応用を行います。

ビッグデータも一般的になった現代では、研究者が悩む状況もますます増加しています。臨床研究、基礎実験、フィールド調査などを通じて得られたデータに関して、どう解釈を行うべきか困る状況も多くなっています。一方、生物統計家は、適切な統計手法に基づけば、効率的に新しい重要な知見を得ることができると考えています。データに基づく洞察を注意深く整理し、分類することで、医学研究の未来のための強力な研究基盤を築くことが可能となります。また、統計的な観点からも適切な研究計画を立案することで、研究から得られる成果を最大化できると考えています。

未来医療センター生物統計部は、臨床研究・臨床試験に限らず、非臨床研究(基礎研究)も含めて統計コンサルテーションの御依頼、共同研究の御相談等を広く承っています。共同研究を統計学的観点からも適切なものとして実現するためにも、研究立案の段階、各種研究費申請書の作成段階から御相談頂くことを提案致します。

生物統計相談

統計解析に関する全般的な相談を随時受け付けています。
研究デザイン、統計解析方法などについて承ります。
認定資格を有する臨床統計の専門家としてご相談を承ります。

連絡先

未来医療センター生物統計部
教授 吉村健一 (責任試験統計家)
statistics*ml.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角@に置き換えてください)
内線:(霞) 6751

※日本計量生物学会「試験統計家認定制度」について

臨床研究の統計的デザインと解析・統計家の行動基準に関し深い知識を有し、実践している者を試験統計家(trial statistician)として認定しています。上級資格である責任試験統計家の認定者は全国30名と限られています(2020年現在)。
https://www.biometrics.gr.jp/recognition/index.html

未来医療センタートップへ戻る


up