先進治療病棟部

先進治療病棟は、大学病院で行われている先進的治療を受けられる患者様が入院する病棟です。具体的には、肝臓移植術後患者、腎臓移植術後患者、白血病に対する癌化学療法と骨髄細胞移植後患者、悪性血液疾患に対する癌化学療法患者、消化器癌に対する化学療法患者、人工呼吸などの補助療法を長期施行患者様などが挙げられます。
白血病の化学療法と骨髄細胞移植後は感染症の危険が高く患者様は完全無菌室で治療が行われます。肝臓移植後は免疫抑制剤投与を行うので感染防止のために准無菌室で治療が行われます。
このために完全無菌室、准無菌室が常時整備されています。

中央診療施設トップページへ戻る


up