バイオデザイン部門について

部門長のご挨拶

 医療現場を取り巻く環境の変化は,これまでの知識や経験,成功モデルが通用しない状況をもたらします。とりわけ医療機器開発の分野において,常識を打ち破るイノベーションによって,新たな市場を創造し,人々のライフスタイルを変えるようなサービスや商品の開発が求められます。

 当部門は,広島県と設置したバイオデザイン共同研究講座を柱として,独自の教育プログラムを構築しています。産学官連携のもと,実臨床のニーズに応える実践的な医工学領域の創成と,医学・生理学分野と工学・情報科学分野との融合による健康・福祉の増進への貢献,および地域における新たな産業振興に寄与する国際的人材を養成することを目的として活動しています。

 県下に医歯薬保健学大学院がひとつにまとまっていること,自動車産業を基幹として種々の要素技術をもつ企業が発展していること,インドに派遣された研究員が独自に医療機器開発プログラムを学び,「ひろしまバイオデザイン」のプログラムを日印協働で構築することが特色です。

 実臨床のニーズの洗い出しから,医療機器の製造,国際的な市場での商取引に至るまでの一連の医療機器ビジネスを担うことができる人材を中核に,種々の新規テクノロジーの登場が待望される医療現場のニーズと,医療工学の専門家を含む多職種が連携したチームによって開発されたシーズが,ひろしまから発信される未来を展望しています。

 

バイオデザイン部門 部門長/准教授

木阪智彦

 

部門の業務内容

  • 地域企業等に対するバイオデザインの実践的な人材育成に関すること
  • バイオデザインの推進にかかる関連機関との連携に関すること

スタッフ

 


up