産学官連携

技術相談

産業界の技術的課題や将来の開発課題の相談を受ける「技術相談窓口」や企業等に出向き直接相談を受ける「企業訪問」など、様々なサービスを行っています。企業経験や行政経験を持ったセンタースタッフが、課題の整理、教員の探索などに対応いたします。

学術指導

学術指導では、本学教員がそれまでの教育・研究活動で蓄積した幅広い知見を、相手方の要望に応じて提供します。
共同研究にはなじまない企業の幅広いニーズに対応するものです。

共同研究・受託研究

共同研究は、企業等の研究者と大学の教員が共通の課題について共同で研究を行います。企業等と大学がそれぞれの施設で分担して研究をすることもできます。また、共同研究の効率をより高めるため、企業等と大学が組織的・継続的に共同研究を行う包括的研究協力協定の締結にも力を入れています。
 受託研究は、企業等からの委託を受けて本学の教員が研究を行います。研究成果は委託した企業等に報告します。

共同研究講座・共同研究部門

産学協働の研究拠点を大学内に長期的に確保し、研究活動の更なる充実と産業界への一層の貢献を目指しています。
大学と企業が協議し、講座等を運営します。
○研究内容に合わせた研究スタッフを配置
○出口を見据えた研究内容や研究期間を設定
○知的財産や成果は共有

広島大学フェニックス協力会

さらなる地域貢献を目指して、特に地域産業界向けのサービスを強化するために「産学官連携推進研究協力会」(通称:広島大学フェニックス協力会)を2010年に設立しました。
技術課題解決、研究協力や人材育成等の幅広い分野でフレキシブルな支援を行います。

産学官金共同プロジェクト

広島大学では、産学官金の複合連携によるコンソーシアム型プロジェクトを推進しています。異分野が融合したコンソーシアムを形成することで、人材の集積と育成、新産業創出による地域発イノベーションの創出により社会に貢献します。

寄附金・寄附講座・寄附研究部門

寄附金
本学では、学術研究、教育奨励、その他本学の業務運営等を目的とするご寄附を幅広く受け入れております。

寄附講座・寄附研究部門
奨学を目的とする民間等からの寄附を有効に活用して本学の主体性の下に設置・運営し、教育研究の進展及び充実を目的とします。
存続期間は、原則として2年以上5年以下ですが、更新することが可能です。

包括的研究協力

個々の企業が大学と包括的な協定を結んで、研究や人材育成に組織的に取り組む制度です。
■中長期の課題を共有し、研究を体系的に推進
■組織的なGO/STOP 判断により研究活動を推進
■人材育成等を含め幅広い連携


up