広島大学社会産学連携のビジョン

広島大学は、教育、研究とともに社会貢献を重要な使命として位置づけ、社会や産業界との協働を通して地域社会ならびに国際社会の平和と発展に貢献します。
広島大学の進める社会連携ならびに産学連携活動の成果によって、Super Global University としての広島大学の存在意義を高めます。

行動指針

広島大学の社会産学連携は上記のビジョンを達成するために以下のように行動します。
  1. 広島リサーチコンプレックスの構築と地方創生への貢献
    広島大学が中心となって異分野融合による最先端の複合型イノベーション推進基盤(リサーチコンプレックス)の形成に取り組みます。この拠点を中心に、世界の注目を集める教育・研究を産学官が一体となって推進し、人財の集積と育成・還流、産業の集積と新ビジネス創出により、広島地域内外のネットワークを発展・成長させ、地方創生に貢献します。
  2. 社会や産業界との組織的・中長期的な連携強化
    国内外の企業や政府・自治体等と取り組むべき課題を共有し、共同研究や受託研究などを推進することを通して、それらの機関とのより良いパートナーシップの構築に取り組みます。また、そうした社会や産業界とのネットワークを発展、深化させるために、包括協定締結や共同研究講座開設等を促進し、組織的かつ中長期的な連携強化を推進します。
  3. オープンイノベーションの推進と地域創生エコシステムの形成
    オープンイノベーションの日常化を広島大学が主導し、新産業創出のためのエコシステムを国内外の企業や大学・研究機関ならびに政府・自治体等と一体となって形成します。
  4. 国際産学連携の推進
    国際的視野から産学連携強化を図り、広島大学の国際的なプレゼンスを高めることに貢献します。

戦 略

  1. 明確な評価指標の設定
    定量的目標を設定し、実施状況や成果を常に組織全体で共有することでビジョン実現を目指します。
  2. 社会人教育の促進
    アントレプレナー教育、技術経営(MOT)教育、デザイン思考教育など、起業に挑戦する人材や産業界でイノベーションを起こす人材の教育プログラムを社会と共有し、地域はもとよりグローバルに活躍できる人材の育成に積極的に取り組みます。
  3. 学生と社会の接点形成の促進
    インターンシップや地域指向型の教育プログラムを地域社会や産業界との相互理解のもとに開発し、学生と社会の接点形成を促進します。
  4. 大学発ベンチャー創出の推進
    広島大学の研究成果に基づく起業の促進を目的に、インキュベーションの事業助成や施設の貸与などによる新規事業創出の環境整備を行います。
  5. 知的財産マネジメントの充実
    広島大学の有する知的財産を権利化し、国内外の企業への移転によって得られるライセンス収入を増加させ、新しい研究の原資とする「知の創造サイクル」を確立するとともに大学経営基盤の強化に努めます。
  6. 施設等の有効活用
    産官学連携や新事業育成を支援するため,産学・地域連携センターが管理するオフィスや実験施設を適切に管理し有効活用を図ります。
  7. リスクマネジメント強化と運用
    産官学連携を進める上で生じうる利益相反や技術流出等に伴うリスクを未然に防止するとともに,社会への説明責任を果たすために,実効的かつ効果的にマネジメントできる体制を強化し運用します。
  8. 地域社会とのパートナーシップの構築
    広島大学の人的・知的資源を活用し、地域社会の有する課題解決のための研究・活動を展開し、地域社会とのパートナーシップの構築に努めます。


up