第2回広島大学ラットリング研究会

担当:総合科学研究科 教授 宇田川 眞行
日程:2009年2月22日(日), 23日(月)
会場:先端科学総合研究棟 302S 
主催:広島大学先進機能物質研究センター

 

1日目:2月22日(日)
第I部 ラットリング機構の解明,コーディネーター:宇田川 眞行
13:00-13:20 藤秀樹(神戸大):A02-002計画班の事務連絡
13:20-13:50 筒井智嗣(SPring-8):放射光実験から見たゲスト原子のダイナミクス
13:50-14:20 藤秀樹(神戸大):ホスト核NMRで見るクラスレート化合物のラットリング特性と今後の展開
14:20-14:50 根本祐一(新潟大):超音波計測によるラットリングとトンネリングの観測
14:50-15:15 休憩
15:15-15:45 鈴木孝至(広島大):超音波分光法を用いた巨大振幅原子振動がもたらす新しい電子相の研究
15:45-16:15 宇田川眞行(広島大): ラマン散乱による巨大振幅振動の研究計画と最近の結果
16:15-16:45 李 哲虎(産総研):中性子散乱で見るクラスレート化合物のフォノン
16:45-17:15 岩佐和晃 (東北大):中性子散乱によるラットリング研究
-東北大学グループの現状と展望-
17:15-17:45 討論(座長:藤秀樹)
18:00 -         懇親会

2日目:2月(月)
第II部 ラットリング物質の創製,コーディネーター:高畠 敏郎23日
 9:00- 9:15 高畠敏郎(広島大):A02-001計画班の事務連絡
 9:15- 9:45 菅原仁(徳島大):スクッテルダイト化合物の単結晶育成の現状
 9:45-10:15 関根ちひろ(室蘭工大):スクッテルダイト化合物の新物質探索
10:15-10:30 休憩
10:30-11:00 武田直也(新潟大):カゴ状物質Ce3Pd20Si6の熱処理効果
11:00-11:30 高畠敏郎(広島大):クラスレートの非中心ラットリングと熱伝導抑制
11:30-11:55 討論(座長:高畠敏郎)
 
第III部 カゴ状物質等を利用した高性能熱電変換材料の研究開発
13:00-13:10 高畠敏郎(広島大) 経緯報告とクラスレート単結晶の熱電性能向上
13:10-13:35 小柳剛(山口大):SPS法によるクラスレート焼結体の作製と熱電気的特性
13:35-14:00 赤井光治(山口大):クラスレート化合物の電子構造と熱電高性能化の可能性
14:00-14:10 休憩
14:10-14:35 河野 欣(デンソー): Ba8Ga16Sn30(type-I, type-VIII)の電子構造と熱電特性
14:35-15:00 小原春彦(産総研),上野和夫(産総研):高性能熱電材料のモジュール化,評価技術
15:00-15:25 田口隆志(デンソー):産業用排熱発電システムの概要と市場
15:25-16:00 討論(座長:田口隆志)
 


up