国際公務員育成特別教育プログラム

背景

近年、貧困対策、地球環境問題、平和構築、感染症などグローバルな視点で解決すべき諸問題への対処が強く求められています。こうした課題解決に携わる人材の中でも、国際機関で働く国際公務員の任務と責任はますます重要となっています。広島大学大学院国際協力研究科(IDEC)では、設立以来、国際社会が抱える課題を解決する人材の育成に取り組んできましたが、平成23年度に国際公務員を目指す学生により重点を置いて支援する新たな教育プログラムとして、博士課程 前期学生を対象とする「国際公務員育成特別教育プログラム」を設置しました。

プログラムの目的

国際公務員育成特別教育プログラム(A Special Education Program for Young Professionals Preparing for Careers in International Organizations)は、将来のキャリアとして国際公務員を目指す学生を育成・支援することを目的とします。具体的には、国際機関等の国際協力・開発の現場で、専門的な知識と同時に実務的な経験を備え主導的役割を担えるリーダーの輩出を目的としています。このため本プログラムは、国際的な様々な課題の解決に不可欠な最先端の知識やスキルを習得できるカリキュラム構成をとっています。

プログラムの利点

  • 様々な専門や経験を持つ学生と、共に学習することができます。
  • 通常のカリキュラムで習得できる自らの専門性に基づいた知識やスキルに加え、本プログラムの必修科目の履修等により国際公務員として国際協力・開発の業務に携わるために必要な実践的な知識・ノウハウを得ることができます。
  • プログラムの修了要件を満たした学生には修了証が授与されます。

本プログラムと複数学位プログラムとの関連

本プログラムは、もともとテキサス大学オースティン校リンドン・ジョンソン公共政策研究科(LBJ-UT/A)と共同で開発された既存の複数学位(修士号)プログラムに基づき設置されたプログラムでした。近年、学生たちからの声もあり、対象をIDECの博士課程前期学生全員へと拡大して提供することとなりました。両プログラムが相互に補完関係にあることは依然変わらず、2つのプログラムに並行して参加することは、将来、国際協力・開発の分野でのキャリアを目指す学生にとって非常に有効的であると言えます。

LBJ-UT/Aとの複数学位プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

修了要件とカリキュラム

以下の必修4科目(8単位)を履修する必要があります。

1) 国際公務員実務演習I(後期,2単位):
国際公務員として実務に携わる上での基本的なツールであるプロジェクトサイクルマネジメントについて学びます。具体的なケースの検討を通じて、国際協力・開発の現場で起きている問題の解決に資する知識・スキルの習得を目指します。

2) 国際公務員実務演習II(前期,2単位):
履歴書、ファンドレイジングのためのプロポーザル、プロジェクトの報告書といった基本的な文書の作成方法について、実習を中心としたカリキュラムを通じて実践的なスキル・ノウハウを習得することを目標とします。

3) インターンシップ(2単位)
4) フィールドワーク(2単位)
周辺市町村やNGOと協力し、長期にわたって公共政策に関するインターンシップおよびフィールドワークを行い、それらを研究科として単位認定します。現場で直面する様々な問題を解決していく能力を身につけられることに加えて、国際機関への就職の一般的な条件である実務経験を得られることも科目履修の大きなメリットといえます。
この他、課外活動として、国際機関をはじめとする国際協力・開発の第一線で活躍する講師を招いて実施するキャリア開発支援のためのシンポジウム、各種セミナーに参加することができます。

プログラム登録の要件

- IDEC博士課程前期の学生であれば、国籍に関わらず本プログラムに応募できます。登録を希望する学生は、期日までに登録用紙をIDEC支援室に提出してください。ただし、支給されている奨学金の規定上、対象外になることがありますので、申請前に後述の連絡先まで問い合わせてください。応募者の中からプログラム登録学生を選考します。選考は、書類審査(小論文含む)、口述試験で行います。
- 募集人数:若干名

連絡先

金子慎治教授
E-mail: kshinji@hiroshima-u.ac.jp (@は半角に変換して送信してください)


up