教員紹介

長谷川 祐治

職名准教授

研究分野砂防工学、地域特性を考慮した土砂災害の発生機構と防災対策

研究のテーマ
自然災害と聞くと,「地震」「洪水」「津波」「火山」などを連想する人が多いと思いますが、日本は山地や雨が多いため毎年1,000件近く「土砂災害」が発生しています。私の研究では、土砂災害の発生のメカニズムや流動過程、被害を防止・軽減するための防災対策(構造物や避難)について検討しています。

メッセージ
土砂災害を防ぐ対策「砂防」を検討するには、対象を知る必要があります。土砂災害の発生には山の中の水・土砂の状態が影響しますが、各地域の特性を考慮した予測や対策は発展途上です。普段から観測や調査を行い山の状態を把握することで、少しの変化から災害の予兆を知ることが出来ます。PCによるシミュレーションから危険箇所を抽出して、実験から効果的な構造物の検討も出来ます。山や自然、自然災害や防災に関心がある人に、現場の観測、実験、解析など多様なアプローチから共に「砂防」に取り組んでもらえれば幸いです。


up