助教 相川 裕亮(AIKAWA Yusuke)

研究分野、研究テーマ

アメリカ政治論

経歴

2020年3月、慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学、2021年4月より現職。博士(法学)。

学部の教育内容

学部では、「アメリカ政治論」を担当しています。この授業では、今日のアメリカ政治をより深く理解する視野を培うことを目標としており、アメリカ合衆国の政治史について、連保政府を主軸に講義するものです。アメリカの政治制度は200年以上前に制定された合衆国憲法に基づいていることをまず理解した上で、歴史的に構築された地域や階級、人種やジェンダーをめぐる論争を批判的に考えることの基礎を養うことを目指しています。

大学院の教育内容

大学院では、「アメリカ政治論」を担当しています。この授業はアメリカ合衆国の内政・外交に関する幅広い分野の文献を輪読、議論することで、多角的な視野を養うことを目指しています。

最近の研究について

私の研究の主題は、アメリカ合衆国の政治とキリスト教の関係です。これまでは特に、冷戦期の保守的なプロテスタントと連邦政府の関係に着目し、様々なテキストを分析を主に行ってきました。現在は、1970年代以降の共和党と保守的なキリスト教徒の同盟関係について研究しています。


up