助教 楼 ジェ(ロウ ジェ、LOU JIE)

研究分野、研究テーマ

刑法:日本・中国・英米刑法との比較法の研究

経歴

2015年6月、上海社会科学院 修士(法学)取得。 2020年3月、広島大学大学院社会科学研究科法政システム専攻博士後期課程単位取得退学。2020年4月より現職。

学部の教育内容

日本刑法は様々な国の刑法から影響を受けて成り立っています。ドイツ刑法の影響だけではなく、アメリカ刑法やイギリス刑法等の影響もかなり受けています。学部の講義では、日本刑法を中心に、欧米諸国の刑法理論・判例に注目し、比較法的観点からみた日本刑法の授業を行います。教育目標は、リーガル・マインドを身につけ、グローバル時代を踏まえた国際的視点から現代社会の刑法を理解し、科学的に分析する能力を身につけることを目指すものです。

最近の研究について

医療過失:過失の競合にかかる諸問題に関する研究を行なっています。医療過誤判例では、過失の競合者は、各自の競合行為が過失共同正犯であるか否か、過失行為と結果の因果関係があるか否か、不作為犯であるか否かが解明されていないまま、注意義務違反で過失犯の同時犯として処罰されている現実があります。研究では、過失犯の共同正犯論・過失犯の同時犯論・因果関係論・不真正不作為犯論をめぐる議論を帰納的に分析し、医療チームにおける業務上過失致死罪が適用される範囲を明らかにすることを目指しています。


up