工学部第一類

工学部第一類とは
次世代の設計・生産技術開発を担える技術者の養成を目指しています
1rui

第一類では、自然との共生をはかり、人類の平和、発展、存続や幸福の実現に貢献できる、優れた人間性と理性を兼ね備えた行動力のある人材の育成を目指しています。

機能性材料の開発と利用、生産加工原理、新エネルギー開発、動力変換技術、新しい機械システムの構造・機能や設計原理、メカトロニクス技術、知能化機械システムの生産原理などの機械システム工学の基礎を修得し、機械と人間との関わり合い、次世代のエネルギーや環境問題などについて広い視野を持ち、最先端の設計・生産技術開発を担える技術者の養成を目指しています。

広島大学では、教育の質の向上や社会が求める卒業生への期待の変化などに対応するため「到達目標型教育」を導入し、教育プログラム「HiPROSPECTS」システムを構築しています。第一類では教育プログラム(主専攻プログラム)として「機械システム工学プログラム」を開設しています。本プログラムは1年次前期から開始され、入学と同時に「機械システム工学プログラム」が主専攻プログラムとして登録されることになります。本プログラムでは以下の(A)〜(E)の到達目標を掲げており、学生がこれらの能力を修得できるようにカリキュラムが構成されています。

(A) 地域社会や国際社会、産業の発展に積極的に取り組む自立性の養成
(B) 機械システム工学の基礎の確実な修得と応用力の養成
(C) 技術者として必要な基礎的知識の修得と論理的思考能力の養成
(D) 柔軟な発想と創造性をもって自ら工学的課題を解決する能力の養成
(E) コミュニケーション能力および国際的に情報収集や発信できる能力の養成

 本プログラムを効率的に一貫した教育を行うために、大学院工学研究科機械システム工学専攻の5つの大講座に所属する教員が、4つの課程(生産システム工学、エネルギー工学、設計工学、知能機械工学)の教育を担当しています。学生は2年次前期にこれらの課程のどれかに配属されます。また、4年次前期には5つの大講座に含まれる教育科目(研究室)に配属され、研究テーマを選択し、卒業論文を書きます。

1rui
1rui
1rui
1rui
1rui


up