学生生活(学部生)

年間行事

年間行事

4月

入学式,前期授業開始,履修登録

研究室配属(4年生)

オリエンテーション行事

5月  
6月 ゆかた祭り
7月 前期期末試験
8月 オープンキャンパス
9月 大学院博士課程(前期)入試
10月 後期授業開始,履修登録
11月 大学祭
12月  
1月  
2月 後期期末試験
3月 卒業式

 

学生支援体制

広島大学フェニックス奨学制度

本学では,「広島大学フェニックス奨学制度」という独自の奨学制度を設けて,学業成績が優秀(大学入試センター試験の成績が,出願した選抜方式の配点合計の90%以上)でありながら,経済的理由により修学が著しく困難な学生に対して,奨学金の給付(月額100,000円,返還義務なし)および入学料・授業料の全額免除を行っています.

•選考基準等の詳細については,フェニックス奨学制度(法人本部サイト内)を参照してください.

フェニックス奨学制度(リンク)

 

その他の奨学制度について

その他の奨学制度(入学料免除,授業料免除,奨学金)の申請および選考基準等の詳細については,以下を参照してください.

広島大学 経済支援・奨学金等(リンク)

 

チューター制度

本学では(工学部の場合は,各類ごとに)教員によるチューター制を確立しており,学生は入学時から履修や進路等に関する指導を受けることができます(4年次に進級して各研究室に配属された後は,指導教員より直接,研究指導に加えて進路等に関する指導を受けることになります).

•各教育プログラム内での進路(就職)指導については,配属先の課程および研究室による差はありません.
 

学生の声

○第一類では,材料・加工学,熱・流体工学,応用力学,制御およびシステムの設計を中心に学ぶことができます.身近な機械の作動原理なども学べ,今まで見てきた視点とは違った視点から,身の周りのものや現象見ることができ非常に楽しいと思います.特に機械創成実習という科目では,企画,部品の発注,設計から図面の作成,部品の加工,組み立て,製品の評価までのプロセスを実際に自ら考え行い,実際の機械製品開発のプロセスを体験でき,またプレゼンなども有り社会人になってもこれらの経験は役に立つと思うので,非常に有意義だと思います.
 
○一類では三年次に機械創生実習という授業があり,増速機の設計から組み立て・装置の評価までを5,6人の班で行います.この実習では座学の授業のように教えられたことを教えられた通りにやるだけではなく,自分であれこれ考えたり工夫したりすることが製作の過程で必要になってくるため中々大変なのですが,自分の経験から,この実習によって得られるものは多いと思うので皆さんもこの授業を受ける機会があればぜひ積極的に取り組んで下さい.
 
○広島大学工学部一類では,材料系,力学系の基礎から学ぶことができ,充実した講義を受講できます.また工作機械やCADを使った実習も行なえるので,一通りの知識は身につきます.また広島大学は勉強だけではなく,サークル活動も充実しているので,勉強とスポーツ両方できるバランスのいい大学生活が送れると思います.
 
○工学部第一類には,さまざまな講義や実習があります.例えば,まずは工場見学や機械の加工をする実習があります.設計製図やCADという授業では,機械の詳しい内部構造を知ることができます.また,その延長線上として自分たちで簡単な構造の機械を設計して自分たちで製作するという実習もあります.その実習では大きさを決めて部品を購入するところから機械を組み立ててその評価をするところまで自分たちでします.これ以外に,実験なども多くあり楽しいところです.
 
○機械に関わる多くの分野の授業が用意されており,選択授業も多く,何が得意か,また,将来何がしたいのか,じっくり考えられると思います.座学以外にも,たくさんの研究室を体験できる実験や,実際の製品を作ることを模擬した実習など,楽しめる実験・実習があり,ものづくりの好きな人,機械関係の分野に興味のある人にとっては,面白いと感じることも多いのではないでしょうか.研究室に配属されてからも,学んできた様々なことが生き,充実した日々を送っています.
 
○学部の講義では,機械工学に偏重することなく,パッケージ別科目などで幅広い分野の教養も身につけることができました.四年生からは研究生活になります.学んだ知識は,研究に関して興味がある事柄を調べて探究するにあたり,広い視野で事象をとらえる考え方に活かされると思います.また,学会など,自分の研究成果を発表する機会にも恵まれています.
 
○大学生活はいろいろなことにチャレンジすることができます.まずは,部活,サークル活動です.私はテニスサークルに所属しており,テニスを楽しむだけでなく,様々な学部の人達と出会い,色んな価値観を知ることができました.またそのような出会いを通してコミュニケーション能力がアップしたのも大きな成果となりました.次にアルバイトの経験です.私はガソリンスタンドでアルバイトをしています.アルバイトと通して上下関係の厳しさや接客業の難しさなど社会勉強をすることができました.大学の講義は,どちらかといえば受身の授業で学生が主体的に参加しなければなりません.また実験や実習などを通してもとづくりの楽しさや,プレゼンテーション能力を得る経験ができました.
 


up