• ホーム
  • 【2017/3/22開催・要申込】自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター一般講演会「隣の星に生命を探せ!」を開催します

【2017/3/22開催・要申込】自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター一般講演会「隣の星に生命を探せ!」を開催します

このたび、自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター主催、広島大学と自然科学研究機構 国立天文台の共催で、一般講演会「隣の星に生命を探せ!」を下記のとおり開催します。

本講演会では、系外惑星の観測の最先端とプロキシマのような系外惑星における生命を議論するアストロバイオロジーの取り組みをご紹介します。系外惑星とは、太陽以外の星を周回する地球や木星のような小さな天体です。太陽に最も近い恒星であるプロキシマを周回する系外惑星が生命を宿せる可能性のある惑星として今大注目を浴びています。
さらに、ブレイクスルー・イニシアチブのコアメンバーをお呼びして、プロキシマに実際に小さな探査機を送るスターショット計画や電波観測による宇宙生命探査計画などをご紹介いただきます。

参加費は無料です。皆さま、ぜひご参加ください。

日時

2017年3月22日(水)18:00~20:00 (17:30開場)

場所

広島市文化交流会館大会議室「銀河」3階    
(〒730-8787 広島県広島市中区加古町3-3)

プログラム

■開会挨拶:越智 光夫 広島大学長 
■司会:観山 正見 広島大学学長室特任教授
■講演:田村 元秀 東京大学教授/アストロバイオロジーセンター センター長
    長沼 毅 広島大学教授
    Pete Worden, Executive Director, Breakthrough Initiatives
    Pete Klupar, Director of Engineering, Breakthrough Initiatives

※英語の講演には翻訳が入ります。

参加申込方法

参加申し込みフォームよりご登録ください。(自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターウェブサイトへ移動します)

参加申込み締切り

2017年3月15日(水)
※申し込み多数の場合は、先着順とさせていただきます。

【お問い合わせ先】
広島大学社会産学連携室広報部広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up