• ホーム
  • 英語外部検定試験の一般入試等での活用について

英語外部検定試験の一般入試等での活用について

1 趣旨

 スーパーグローバル大学創成支援事業(SGU)トップ型に採択され、グローバル人材の育成に努める本学としては、英語外部検定試験を受験し、主体的に英語コミュニケーション能力の修得に努めようとする者を受け入れることは意義のあることと考えています。

 そこで、英語4技能(Listening / Reading / Speaking / Writing)の能力を判定する英語外部検定試験の結果を利用し、本学が定める基準を満たしている場合には大学入試センター試験の「外国語(英語)」を満点とみなします。これにより、英語コミュニケーション能力が高く、SGUトップ型等高いレベルの大学の教育を受けることを希望する者の本学への入学を期待するものです。
  

2 活用方法

 大学入試センター試験を利用する一般入試前期日程・後期日程、AO入試総合評価方式Ⅱ型及び推薦入試のすべての募集単位で、平成31年度入試(平成30年度実施)から、以下の(1)及び(2)の条件をすべて満たした場合、本学を受験する年度の大学入試センター試験の外国語(英語)の得点を満点とみなします

(1)大学入試センター試験の外国語のうち、英語(【筆記】及び【リスニング】)を受験していること(聴覚障害者でリスニング免除者は【筆記】のみ受験で可)。

(2)各入試の出願期間最終日までに、次の「3 活用する英語外部検定試験」の当該スコア・等級を証明する書類の原本を提出すること。
  

3 活用する英語外部検定試験

(1) 種類
 活用する英語外部検定試験は平成29年度AO入試(総合評価方式)で本学が指定している英語外部検定試験の一覧(以下の表)と同様とし、適用区分はCEFR(外国語のコミュニケーション能力を6段階(A1~C2)で示す国際標準規格)B2以上のスコア・等級とします。
※今後、活用する英語外部検定試験(スコア、等級)が変更される場合もあるので、詳細は、平成30年6月中旬公開予定の「平成31年度入学者選抜に関する要項」及び各入試の学生募集要項で必ず確認してください。

 

名称

スコア・等級(適用区分B2以上)

 

Cambridge English

FCE(160~179)以上

 

英検(実用英語技能検定)

準1級以上

 

GTEC CBT

1250以上

 

IELTSTM(Academic Module)

5.5以上

 

TEAP

334以上

 

TOEFL iBT®

72以上

 

TOEFL Junior® Comprehensive

341以上

 

TOEIC® L&R及びTOEIC® S&W

1095以上(L&R 785以上及びS&W310以上)

 (2) 有効期間
 平成31年度入試の場合、平成28年4月以降(2年10か月前から)に受験したものを有効とします。
  

 
本件担当

広島大学入学センター
TEL 082-424-6174


up