• ホームHome
  • 【2018/1/26~開催・霞・要申込】第7回国際シンポジウム「放射線災害復興学における課題と展望~transdisciplinary approachの実践~」を開催します

【2018/1/26~開催・霞・要申込】第7回国際シンポジウム「放射線災害復興学における課題と展望~transdisciplinary approachの実践~」を開催します

広島大学大学院放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラムでは、第7回国際シンポジウム「放射線災害復興学における課題と展望~transdisciplinary approachの実践~」を下記のとおり広島大学霞キャンパスで開催します。

放射線災害は、被ばくや環境汚染により直接的に人々の健康を脅かすのみならず、被災地の生活を一変させることで、間接的にも極めて深刻な影響を及ぼします。そのような問題を俯瞰的に捉え、総合的に対応する新たな学問分野が、本プログラムが構築してきた放射線災害復興学です。

本シンポジウムでは、福島第一原子力発電所事故の影響と課題を議論します。これらの課題を解決するために、学問分野の壁や行政・民間等の立場を越えた取組(transdisciplinary approach)が重要であることを放射線災害復興学では明らかにしてきました。そこで、産学官の参加者をお招きしてtransdisciplinary approachによる課題の解決を目指します。

日時

  • Day 0: 2018年1月26日(金)13:00~17:00
    学生会議
  • Day 1: 2018年1月27日(土)14:00~18:20
    基調講演・講演・ラウンドテーブル・学生ポスター発表
  • Day 2: 2018年1月28日(日)10:00~17:30
    基調講演・講演・構造的対話

会場

プログラム

詳細はチラシをご覧ください。

参加費

無料

事前申込

こちらからお申込みください。(当日の受付も可能です)

【お問い合わせ先】
広島大学教育室コラボレーションオフィス 
フェニックスリーダー育成プログラム事務室

TEL: 082-424-4689
FAX: 082-424-6821
Email: phoenix-program*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up