• ホームHome
  • 【2018/11/12開催・東広島】広島大学総合博物館第13回企画展「大学と埋蔵文化財~キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力~」公開講演会を開催します

【2018/11/12開催・東広島】広島大学総合博物館第13回企画展「大学と埋蔵文化財~キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力~」公開講演会を開催します

広島大学総合博物館は、11月7日(水)より、第13回企画展「大学と埋蔵文化財~キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力~」を開催します。※詳細はこちら

その関連イベントとして、以下のとおり公開講演会を開催いたします。

申込不要・入場無料です。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

日時

2018年11月12日(月) 18:00~19:30

会場

広島大学中央図書館 ライブラリーホール (東広島キャンパス)

講師

トーマス・クノフ (テュービンゲン大学特任教授)

演題

地域に貢献する大学博物館 -テュービンゲン大学博物館(MUT)の事例-

言語

英語(同時通訳あり)

関連イベント

【公開講演会】

  • 日時: 2018年12月2日(日) 13:00~15:30
  • 会場: 東広島市市民文化センター 研修室1・2
  • 講師: 妹尾 周三 (東広島市出土文化財管理センター所長)
    演題: 西条盆地の遺跡と広島大学の移転
  • 講師: 藤野 次史 (広島大学総合博物館教授)
    演題:広島大学の埋蔵文化財とその特色
【お問い合わせ先】
広島大学総合博物館 埋蔵文化財調査部門

TEL: 082-424-6198
E-mail: hmaibun*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up