• ホームHome
  • 【2019/2/21開催・東広島・要申込】広島大学ICT活用教育シンポジウム「高等教育における必携PC活用を考える」を開催します

【2019/2/21開催・東広島・要申込】広島大学ICT活用教育シンポジウム「高等教育における必携PC活用を考える」を開催します

大学入学時に入学生全員にノート型のパソコンの所持を義務づける、いわゆる PCの必携化が全国いくつかの大学で導入されています。しかし、PCの利用は学部や学科によって異なり、必然的に教育における必携PCの利用実態も多様となります。また、導入後の経験に即した必携PCの目的や意義の見直し、必要な機能の見直しの必要も生じると考えられます。本シンポジウムでは、必携PC導入の経緯や利用実態について情報交換、現在の課題についての議論を通じ、教育における必携PCの活用について考える機会としたいと思います。

日時

2019年2月21日(木) 13:00~18:00 (開場12:30)

会場

広島大学情報メディア教育研究センター本館セミナー室 (会場へのアクセス)
(広島県東広島市鏡山1-4-2)

プログラム

13:00 主旨説明
広島大学大学院先端物質科学研究科 准教授
高橋 徹 (広島大学教育室eラーニング推進会議)

13:10 広島大学における必携PC利用の実態
広島大学情報メディア教育研究センター 准教授
隅谷 孝洋

13:40 休憩

13:50 BYODで変わる教育・学習 ~九州大学の事例~
九州大学大学院システム情報科学研究院 准教授
島田 敬士

14:30 長崎大学必携PCの活用と課題
長崎大学大学教育イノベーションセンター 教授
若菜 啓孝

15:10 休憩

15:25 金沢大学におけるPC必携化の取組~12年間の歩みと今後の展望~
金沢大学総合メディア基盤センター 助教
森 祥寛

16:05 広島大学における必携PC導入の経緯
広島大学副学長(情報担当)
相原 玲二

16:35 休憩

16:50 パネルディスカッション
・モデレーター: 高橋 徹 准教授
・パネリスト: 講演者

17:50 閉会
広島大学理事・副学長 (教育・東千田担当)
宮谷 真人

18:30 懇親会 ※希望者のみ
会場: マーメイドカフェ広島大学店

対象

学内外の大学教職員、学生

申し込み方法

こちらからお申し込みください。(広島大学ICT活用教育シンポジウムホームページに移動します)

申込締切

2019年2月15日(金)

参加費

無料
※懇親会に参加される場合は、別途会費が必要です。参加費 3,500円を当日受付にてお支払いください。

主催

広島大学教育室eラーニング推進会議

共催

広島大学情報化戦略委員会ICT活用教育検討部会、広島大学人材育成推進室(FD部会)

【お問い合わせ先】
広島大学ICT活用教育シンポジウム担当

E-mail: pc-symposium2019*ml.hiroshima-u.ac.jp (注:*は半角@に置き換えてください)


up