• ホームHome
  • 【2019/7/5開催・東広島】公開講演会「水俣問題のこれまでとこれから-公害と地域の再生-」を開催します

【2019/7/5開催・東広島】公開講演会「水俣問題のこれまでとこれから-公害と地域の再生-」を開催します

「水俣」といえば、多くの人が「水俣病」をイメージされるかもしれません。一度もその場所を訪れたことがなくても、教科書に載っていた「水俣」のモノクロ写真が記憶されていませんか。公式確認から約60年。水俣の海には、ともに生きてきた人々の深い愛情と、悲しみと苦しみの色があります。そして海に流れ出る山々を守り続けてきた人々の営みがあります。

自然は巡りながら、美しい彩りを織りなしています。水俣の教訓を後世へつなげ、新たな歴史を紡ぐ大切さをお話しします。

皆様のご来場をお待ちしております。

日時

2019年7月5日(金) 16:30~18:00

会場

広島大学中央図書館ライブラリーホール (東広島キャンパス)

講師

森山 亜矢子 (一般社団法人 環不知火プランニング代表理事)

参加費・参加申込

参加無料・申込不要。どなたでも聴講いただけます。

主催

広島大学総合博物館、広島大学総合科学研究科21世紀科学プロジェクト、地理科学学会、環境科学共同セミナー
※本講演会は、熊本県 水俣・芦北地域環境フィールドミュージアム事業の一環として実施されます。

【お問い合わせ先】
広島大学総合博物館

TEL:082-424-4212
E-Mail:museum*hiroshima-u.ac.jp (注:*は半角@に置き換えてください)


up