• ホームHome
  • 【2019/11/2~開催・東広島】広島大学総合博物館第18回ふむふむギャラリー「魚がつくる模様と形~アマミホシゾラフグのつくるミステリーサークルの秘密に迫る!~」を開催します

【2019/11/2~開催・東広島】広島大学総合博物館第18回ふむふむギャラリー「魚がつくる模様と形~アマミホシゾラフグのつくるミステリーサークルの秘密に迫る!~」を開催します

この度、総合博物館では第18回ふむふむギャラリー「魚がつくる模様と形~アマミホシゾラフグのつくるミステリーサークルの秘密に迫る!~」を開催します。

魚の体色や体形は成長段階や種によって様々で、魚が作る構造物にも、様々な用途や形状があります。
今回のふむふむギャラリーでは、アマミホシゾラフグがつくるミステリーサークルの3Dモデルやパネルで、魚がつくる模様と形の多様性を紹介するほか、広島大学で長年行われている口永良部島での魚類の野外生態研究を、パネルと模型を用いてわかりやすく展示します。

皆様のお越しをお待ちしています。

日時

2019年11月2日(土)~12月21日(土)10:00~17:00(入館は16:30まで)
※日・月・祝祭日は休館(11月3日(日)は開館)

会場

広島大学総合博物館本館

主催

広島大学総合博物館

協力

千葉県立中央博物館分館 海の博物館 

関連イベント(記念講演会)

日時:2019年11月30日(土)13:00~15:30 ※参加無料・申込不要
会場:教育学部K203教室

  • 講演(1)
    「ミステリーサークルをつくるアマミホシゾラフグ一彼は芸術家かロボットか?」
    川瀬 裕司(千葉県立中央博物館分館 海の博物館 主任上席研究員)
  • 講演(2)
    「数理モデルから迫るミステリーサークルの秘密」
    西森 拓(広島大学大学院統合生命科学研究科 教授)

 ※講演会終了後、15:00~15:30に博物館本館にて展示品を前に講演者のギャラリートークを行います。

【お問い合わせ先】
広島大学総合博物館

TEL:082-424-4212
E-mail:museum*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up