• ホームHome
  • 【お詫び】本学教員による不適切なツイッター投稿について

【お詫び】本学教員による不適切なツイッター投稿について

本学人間社会科学研究科に所属する特任助教が、特定の外国人に対する差別・偏見を助長しかねない内容の投稿をツイッター上に行っていたことが、学外からの指摘で分かりました。広島大学は2021年8月11日開いた臨時役員会議で、学外有識者も加えた調査会を設置することを決定しました。
7月末に投稿されたツイートは、特定の外国人が道徳的に劣るなどとする表現で、既に削除されています。
当該特任助教は「わたしの意に反して、結果として特定の集団と特定の行為を結びつけていると受け止められかねない表現がありました。このツイートについては、特定の集団への偏見をあおりかねないことは否めず、配慮が足りなかったことについて真摯に反省しています。わたしのツイートによって傷つけられた方々に心からお詫びを申し上げます」と謝罪しています。
本学としましても極めて不適切な表現であると認識しており、関係する方々にお詫び申し上げます。早急に調査会を立ち上げ、詳細な事実関係を調査するとともに、二度とこのようなことを起こさないよう、全学を挙げてできる限りの措置を講じます。
広島大学はあらゆる差別・偏見を許さず、人権を尊重する国際的な大学として、今後も教育研究における多様性を大切にしてまいります。
 

【お問い合せ先】
広島大学広報担当

E-mail: friji-koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up