第30回サイエンスカフェ

「重力波-その人類初検出の意味とは-」を開催しました。

【日 時】2016年5月21日(土)14:00~16:00
【会 場】la placeマーメイドカフェ広島大学店
【話し手】高橋 徹(広島大学 大学院先端物質科学研究科 准教授) 植村 誠(宇宙科学センター 准教授)
【聞き手】寺本 紫織&参加者の皆さん
【参加者】59名(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
【内 容】
 5月21日(土)第30回サイエンスカフェ「重力波-その人類初検出の意味とは-」を開催しました。
 
 今回のカフェでは、2015年9月14日に検出された重力波について、その発生源や検出方法を実験装置を使いながら分かりやすく説明していただきました。
 13億年前に太陽の29倍と36倍の2つのブラックホールが合体しました。その衝撃により発生した重力波が、13億年かけて私たちの銀河に届き、「LIGO」と呼ばれるアメリカの重力波観測装置によって検出されたそうです。
 今回見つかったこの現象はこれまで予想もされていなかった出来事で、世界中の専門家から驚きをもって受け止められたそうです。
 
 今後技術が発達し、観測装置の感度を上げることにより、130億年以上昔の宇宙の始まりをみることができるようになるかもしれないとのお話もあり、この先どんな未知の現象が検出され、明らかにされていくのか、とても楽しみになるサイエンスカフェでした。


up