• ホーム
  • 研究大学強化促進事業

ニュース&トピックス

  • お知らせ

研究大学強化促進事業

文部科学省の「研究大学強化促進事業」において、研究大学として本学が選定されました。

「研究大学強化促進事業」は、機関全体の学術研究機能に着目し、大学等が、自らの研究活動の状況分析を踏まえ、研究戦略や知財管理等を担う研究マネジメント人材(リサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」 という。※下記参照)を含む))群の確保・活用や、競争力のある研究の加速化促進、先駆的な研究分野の創出、国際水準の研究環境の整備などの集中的な研究 環境改革を効果的に組み合わせた取り組みを実施することを戦略的に支援することにより、各大学等における研究力強化を促進し、世界水準の優れた研究活動を 行う大学群の増強に資することを目的とした事業です。

広島大学の4つの取組

研究推進体制・研究環境の整備

世界的研究拠点

研究拠点とは

平成25年度、広島大学は文部科学省の「研究大学強化促進事業」において、研究大学として選定されました。今後、広島大学全体で研究力強化に向けた取り組みを実施することで、10年以内に世界トップ100位以内の大学を目指すこととしています。
  そこで、明確な目標を掲げ、世界トップレベルの研究活動を展開できる「インキュベーション研究拠点(Promising Research Initiatives)」を選定しました。選定された「インキュベーション研究拠点」に対しては、戦略的に組織する自立した研究拠点(Centers of Excellence)へと成長していくための重点支援を行います。
  全面的な研究力強化の取り組みの一環として、自立した研究拠点(Centers of Excellence)を含め、活発な研究活動を展開する研究拠点への支援を通じて、世界的研究拠点を継続的に創出していきます。

プロジェクト研究センターとは

広島大学プロジェクト研究センターは、

  1. 本学の特徴ある研究をひろく学内外の人々に知ってもらう
  2. 自立的で自由な発想の下で展開される学部や研究科の枠を超えたプロジェクト型の研究活動を推進し、一層の活性化を促す

ことを目的としています。

この趣旨に合致するプロジェクト研究センター構想を学内で公募し、学内審査会の審査を踏まえ、プロジェクト研究センターを平成15年4月1日に設置しました。

なお、このプロジェクト研究センターの設置にあたっては、原則として定員措置や研究場所の供与は行わず、構成する教官等が自ら外部資金等を獲得した上で研究を進めることとしています。

優れた研究人材の確保・育成

国際研究活動

その他の取り組み


up