運営マニュアル

運営マニュアル

国際会議開催にあたって運営に必要な事項をまとめたマニュアルです。

新型コロナウイルス感染拡大防止と会議開催にかかる情報

情報提供:公益財団法人 広島観光コンベンションビューロー

新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針

【令和3年5月7日一部改正】広島県

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/covid19-level-change.html

 以下、一部抜粋

イベント開催要件

【人数上限】

  • 5月12日以降のイベントについては,人数上限を「5,000 人」とする。
    (収容定員に収容率を適用した人数と5,000人のいずれか少ない方とする。)

【収容率要件】

〔歓声、声援などが想定されない場合〕

  • 収容率の上限を100%とする。
  • 収容定員が設定されていない場合は、密集・密接が発生しない程度の間隔(最低限、人と人とが接触しない程度の間隔)を空けることとする。

〔大声での歓声、声援などが想定されないイベントの例〕

 講演・式典 各種講演会、説明会、ワークショップ、各種教室、行政主催イベントなど

 

全国的な人の移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合には、県に事前相談してください。

相談先:
広島県健康福祉局 健康福祉総務課
新型コロナウイルス感染症・総合支援チーム

  • 電話直通 082-513-3029
  • 県庁代表 082-228-2111 内線 3029
  • FAX 082-511-6715
  • メールアドレス fusoumu@pref.hiroshima.lg.jp

相談用様式:
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/411190.pdf

 

最新の情報については、広島県の新型コロナウイルス感染症に関する情報をご確認ください。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/

広島県が無料で提供するサービス「広島コロナお知らせQR」の利用もご検討ください

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/ncov-qr.html

「広島コロナお知らせQR」のしくみ

施設に掲示されているQRコードをスマートフォンなどで読み取り、メールアドレスを登録した利用者に対して、感染者と同じ時間帯に同じ施設を利用したことが確認された場合に、感染者と接触した可能性があることをお知らせします。
お知らせを受けた方には、PCR検査の申込みが案内され、申込みフォームからPCR検査の申込みをしていただくことができます。

※ イベント(会議)ごとに独自のQRコードが発行可能です。
※ あわせて、国の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html のご利用もお願いします。

新型コロナウイルス感染症禍におけるMICE開催のためのガイドライン

【第4版 2021(令和3年)1月18日 改訂】一般社団法人 日本コンベンション協会

 ※ ご利用の際は、下記URLから新着情報をご確認ください。
https://jp-cma.org/information/

その他のお悩みについては広島観光コンベンションビューローにお気軽にお問合せください

  1. 各種コロナ対策用品(消毒液やパーテーション等)の手配業者のご紹介。
  2. WEB配信に際する業者のご紹介。
  3. 各施設のコロナ対策後の収容可能人数のご案内。
  4. その他、会議開催に関するご相談。
お問い合わせ先
公益財団法人 広島観光コンベンションビューロー MICE推進部
  • メール:hcvb*hiroshima-navi.or.jp
    (*を半角@に変換してください)
  • 電 話:082-244-4853


up