助成支援情報

1.広島大学 ネットワーク形成支援助成

研究大学強化促進事業の一環として、若手教員と海外研究者との研究ネットワーク形成を目的とした会議・シンポジウム・研究集会・ミニシンポ等(以下、「事業」という)への助成支援を実施する。

【助成概要】
 本学の若手教員(2021年4月1日時点で45歳以下の者)が主催する事業に対し助成支援を行う。

開催日

総参加者数
(海外研究者※1数)

参加国数

開催期間

使用言語

助成
上限額※2

採択予定件数

2021年4月
~2022年3月末

10名以上
(うち2名以上)

2か国以上
(日本含む)

半日間以上

日本語以外の言語

現地開催
30万円/件

5件

オンライン
開催
15万円/件
10件
 

※1 海外研究者は「海外の研究機関に所属する研究者」と定義する。したがって、所属が海外であれば日本人であっても海外研究者とみなすことができる。

※2 「現地開催」とは、開催会場に一度も来場しないオンライン参加者の比率が参加者全体の50%未満と想定される事業

「現地開催」での助成申請が採択されても、実際の開催時に参加者の50%以上が開催会場に一度も来場しないオンライン参加であった場合には、助成上限額は15万円に減ぜられる

「オンライン開催」とは、開催会場に一度も来場しないオンライン参加者の比率が参加者全体の50%以上と想定される事業

「オンライン開催」での申請助成が採択された場合、実際の開催時のオンライン参加の比率に関わらず、助成上限額は15万円

※ 開催地は国内外問わないが、あくまでも申請者がホストの立場であること。

【応募要件】

  • 申請者は2021年4月1日の時点で45歳以下の本学に所属している研究者であること。
  • 申請時点で開催前の事業であること。終了した事業への支払いはできない。
  • 申請者自身が主催する事業であること。(本学教員がゲストとなる事業は助成対象外とする)
  • 事業終了後2年間以内に、海外大学や海外研究者(グループ)との共同研究を伴う外部資金申請に努めること
    (例:国際共同研究加速基金 国際共同研究強化(B)、日本学術振興会(JSPS)研究拠点形成事業(Core-to-Core)、日本学術振興会(JSPS)二国間交流事業、SATREPS)

    ※その他、詳細は公募要領および様式をご確認ください。

【募集期間】
 2021年6月1日(火)~2022年2月28日(月)
 ※ただし当該期間中に採択件数が上限に達した場合、途中で公募を締め切ります。

【問い合わせ先・申請先】
 学術・社会連携室 国際会議支援担当
 内線:(東広島84) 4427、4534
 E-mail:intconf-support[at]hiroshima-u.ac.jp
     ([at]を@に変換してください)

2.(公財)広島観光コンベンションビューローコンベンション誘致助成制度 (募集中)

 公益財団法人広島観光コンベンションビューロー(HCVB)では、コンベンションの開催を促進し、その円滑な運営と成功に寄与することを目的にコンベンション開催に必要な経費の一部を助成します。

※コンベンションに付随して行われる展示会等に関する経費、コンベンションの開催に直接かかわりのない経費、コンベンション主催団体等の経常的な事務局運営経費、飲食を伴うレセプション、パーティ及びこれらに準ずるものに要する経費は対象外となります。

【対 象】
(1) 主たる会場が広島市内であること。ただし、主たる会場が広島市内でない場合であっても、広島市に相当の経済波及効果が見込まれるなど、対象とすることに合理的な理由があるときはこの限りでない。
(2) 営利を目的としないものであること。
(3) 政治的及び宗教的活動を目的としないものであること。
(4) 産業、経済の振興又は学術、技術、芸術、文化の振興に寄与するものであること。
(5) 他都市との競合が予想されるものであること。
(6) 広島の都市のイメージを損なうおそれがないものであること。
※詳しくはお問い合わせください。

【助成限度額】
1コンベンションにつき、助成対象経費の20%以内とし、限度額は以下の通りです。

会議区分

参加者数

参加国数

開催期間

限度額

国際会議

100人以上200人未満

3カ国以上

2日以上

30万円

200人以上

3カ国以上

2日以上

60万円

300人以上

5カ国以上

3日以上

300万円

国内会議

1,000人以上又は延べ2,500人以上

300万円

【申請締切】
他都市との競合が予想される会議で、開催地決定前まで。

【関連URL】
誘致・開催支援:https://www.hiroshimacvb.jp/support/
申請書:https://www.hiroshimacvb.jp/download/forms/

【問い合わせ先・申請先】
まずは下記担当までご相談ください。
■公益財団法人広島観光コンベンションビューロー
 担当者:MICE推進部 三浦 
 住所:広島市中区中島町1番5号
 電話:082-244-4853

3.東広島市学術振興等補助制度 (令和3年度(2021年度)開催分 追加募集)

 東広島市では、本市が広く地域の人々の創造性を育む学習の場となるとともに、国内外に開かれた学術・技術・国際化の情報発信基地となることを目指しており、地域の学術の振興を図るため、市内における学会等の大会等(以下、「会議」という)の開催に対して支援を行います。

 令和3年度は、オンラインのみで開催する会議も補助対象となります。

  • 対面で会議を開催する場合は「学術振興事業(上限10万円)」と「貸切バス等運行支援事業(上限20万円)」を併せて申請することで最大30万円の補助を受けることができます。
  • 会議をオンラインのみで開催する場合は「学術振興事業」の上限8万円です。

 詳細につきましては、東広島市ホームページおよび添付ファイルをご覧ください。

◎学術振興等補助制度 (東広島市ホームページに移動します)
http://www.city.higashihiroshima.lg.jp/kurashi/shiminkyodo/4/10826.html

【対象会議】 
 令和3年度中(2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木))に東広島市内で開催される会議等

募集期間】
 2021年6月1日(火)~2022年2月28日(月)

 ※ただし、先着優先とし、交付決定件数が予算上限に達した時点で終了します。
  書類について不備等がある場合は、整った時点で受付とします。

【交付決定】
 提出いただいた申請書について審査を行った後、予算の範囲内で交付決定します。
 ※交付決定後の提出書類等については、応募要領および東広島市ホームページに掲載されている
  各様式をご確認ください。

【申請書送付及びお問い合わせ先】
 東広島市 総務部 政策推進監
 〒739-8601 東広島市西条栄町8番29号
 電話:082-420-0917
 E-mail: hgh200917[at]city.higashihiroshima.lg.jp
      ([at]を@に変換してください)


up