URA

ご挨拶

広島大学研究企画室は、平成25年度、文部科学省「研究大学強化促進事業」に採択され、本学の研究力強化を図るため、リサーチ・アドミニストレーター(URA)をはじめとする研究推進体制を整備することとして、本学に設置されました。
広島大学では世界トップ100の研究大学に飛躍することを目標に、研究力強化の様々な取組をはじめています。また、大学改革の大きな流れの中で、本学の特長・特色ある研究分野を中心とした国際発信力の向上、そのための柔軟な教育研究組織の編成などの改革に向け、スピード感のある取組の推進が求められています。その取組の一翼を担うのがリサーチ・アドミニストレーター(URA)です。
ここでは、研究企画室が取り組んでいる取組紹介、活動内容を発信していく予定です。そして、本学のURA 活動を広く学内外の皆さんに知っていただけるよう、このサイトを運営していきます。
研究力強化・URA活動には、学内外の研究者との交流・連携といったコミュニケーションが重要と考えています。本学は教職協働をモットーに大学運営を行っております。また、URAは、広島大学の研究力・教育力の強化に必要な人材として今後一層のスキル向上を図る必要があると強く感じております。
まだスタートしたばかりの組織ですが、研究者の活発な活動を支え、本学の国際発信力の向上が図られ、世界トップ100の研究大学へ飛躍するよう様々な取組を推進してまいります。
皆さんのご協力とご支援をいただきますよう、よろしくお願いします。

広島大学研究企画室長 小左古 学

URAとは

URAは、University Research Administrator の略であり、大学等において、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果活用促進を行う(単に研究に係る行政手続きを行うという意味ではあり ません。)ことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える業務に従事する人材を指します。 平成23年度から文部科学省が「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」事業を開始したこともあり、近年、大学等においてURA の配置が急速に進んでいます。

本学URAの特徴

本学のURAは、以下の3層で構成しています。

  • シニアURA
  • URA(学術系、専門系、事務系)
  • アソシエイトURA

特に、URAは「学術系」「専門系」「事務系」の異なる得意分野を持つメンバーで構成され、チームでの支援を行うことが特徴です。

学術系

研究そのものの理解能力を有する博士学位取得者などの「学術系人材」です。

専門系

国際事務、広報・成果発信の専門的能力を有する人材や企業等で研究プロジェクトマネジメント経験を有する人材などの特殊領域において、専門性を有する「専門系人材」です。

事務系

これまで学内で雇用している文部科学省やファンディング・エージェンシーでの勤務経験を有するとともに、豊富な研究支援部門での勤務経験等がある研究支援の専門家として育成している「事務系人材」です。

広島大学内における組織図

支援体制

広島大学ではURAを3チームに分けて支援を行っています。

メンバー紹介

シニアURA

学術系URA

専門系URA

荒木 裕子 … ライティングセンター担当

大久保 比呂美 … システム担当

事務系URA

市川 哲也 … 総括・研究戦略

柳井 由以 … 総括・研究戦略

江端 克俊 … プロジェクト担当

田尾 若菜 … コンソーシアム担当

矢吹 晃世 … 科研費担当

岡下 靖宏 … 科研費担当

岸本 規孝 … 科研費担当


up