天ヶ瀬 晴信 -Harunobu AMAGASE-

シニアURA(医歯薬担当)

長崎大学薬学部卒、薬剤師、薬学博士(薬理学)。広島大学から学位授与後1990年に米国に渡り、ペンシルバニア州立大学で栄養学のポスト・ドックを行ったことを皮切りに、合計23年間米国に滞在した。2013年に帰国し、在日米国商工会議所のサプリメント委員会委員長や国際栄養食品協会理事長、日本ビタミン学会会員・国際交流委員、応用薬理学会理事などを務めている。米国制度を参考に措置された機能性表示食品制度ができてゆく過程で、業界代表として制度設計に深く関わった。

経歴の中で、医薬品や食品などについて、がん・心臓病・肥満・中枢神経系などの分野を中心に、基礎や臨床の研究や製品開発、学術活動や製造・品質管理分野、法規・行政関係も含む技術関係諸業務を経験。国内外の大学やNIHやFDA、USPなど公的機関との共同研究や活動も行い、経済産業省や厚生労働省、消費者庁、農林水産省などとの連携や協力をしていく中で、いくつかの検討会の委員も拝命。
今後、こうした経験を広島大学の研究発展にフィードバックさせたいと考えている。そして、こうした活動が健康長寿社会の形成に資する新たな産業活動の創出や海外展開を促進し、ひいては、医療福祉先進国として国際貢献していくことができると信じる。

担当部局

医歯薬保健学研究科


up