English website is here .

地球惑星システム学専攻

地球惑星システム学専攻 概要

地球惑星システム学専攻では、太陽系惑星の1つであり生成の歴史や内部構造がもっとも詳しく調べられている地球を中心に、地質・鉱物学、物理学、化学の分野で構築されてきた理論的・解析的・実験的手法を用い、幅広い研究に取り組んでいます。近年、地球惑星科学では、太陽系惑星の形成過程や進化をより体系的に理解できるようになってきましたが、当専攻は、そのフロンティアで精力的な研究活動を行っています。

太陽系の進化、古生物と地球環境の変遷、地質構造、地下資源、地球内部構造とダイナミクスのモデリング、地震の震源過程、自然災害、環境問題など、研究課題は多岐にわたっていますが、野外での精細な地質調査の伝統とともに、高性能分析機器及びコンピューターなど充実した研究設備を備え、7つの研究グループ(地球環境進化学、地球造構学、地球惑星物質学、資源地球科学、地球惑星内部物理学、同位体地球惑星科学、表層環境地球化学)が連携して、体系的に研究教育を行っています。

国際学会で高い評価を受けた研究成果を生かしたカリキュラム、それを支える優秀な人材(教員、院生、学生)、国内外の研究者との数多くの共同研究、学際的研究への挑戦、これが私達の専攻の特徴です。

地球惑星システム学専攻の画像


up