動物生産科学コース

動物からの豊かな贈り物に恵まれるために

品質と安全性に優れた動物性資源を得るには、動物の生命機能をよく理解すること、生産・利用に関する技術を体系的に身に付けることが必要です。両者の融合により、動物生産に関わる分野を広く洞察し、問題点を捉え、解決することができます。動物生産科学プログラムでは、講義と実験、フィールドでの体験的実習を通して、動物生産分野に貢献できる基礎的な能力と、問題を解決できる応用力と倫理観を身に付け、国際的に活躍できる専門技術者、研究者となる人材を育成します。

コース写真

プログラムの到達目標

  1. 動物資源の生産・利用に関わる生命現象について分子レベルから生態系に至るまで体系的に理解できる。
  2. 動物を生産・利用する上で必要な遺伝育種学、生殖学、飼養学、管理学、生体機構学、フィールド科学等の学問領域において、情報の収集・分析力や研究手法を体系的に習得し、実践的に応用・活用できる。
  3. 動物資源の食料生産における役割と動向、人間生活への応用、自然環境との関わりなどを学ぶことにより得た知識・技能・態度等を総合的に活用し、かつ国際的な範囲まで洞察して、動物生産の課題を理解・解決し、結論を文章や口頭で論理的に表現し、議論することができる。

主な授業科目

動物遺伝育種学 / 動物生殖学 / 動物栄養学 / 動物生体機構学 / 動物環境生理学 / 動物福祉論 /資源動物多様性論 / 発生工学 / 飼料学 / 動物生産生理学 / 畜産システム学 / 家畜管理学 / 実験動物学 / 農場実習 / 動物生産管理学 / 草地畜産学 / 酪農フィールド科学演習

コースの研究室紹介

動物生産科学コースの研究室はこちらのページをご覧ください。


up